関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

2019年年賀状

平成最後の年賀状です。

— 記述 m-tezuka at 08:25 am   commentコメント [0] 

株を楽しむ

 昔は、余った金は銀行に預金しておくと、利息が利息を呼んで、いつの間にか倍になっていたもんですが、今は利息がほとんどつきません。
 一方、株の配当利回りは3%を超えるものが多数ありますが、株価は変動するので元本が保証されません。そんなリスク(スリル)を味わいながら株を楽しんでみませんか。

株の特徴
1.株価は変動する。
2.決算時に株を持っている人に配当金が支払われる。
3.1年中(1月~12月の各月に)決算期が来る株がある。

100万円で1年間に3%以上の配当金を得る方法
 配当利回り3%の株を持ち続ければ配当金は3万円ですが、1年間に4回買い替えると5.6万円になります。(配当金は通常期末と中間の2回に分けて支払われるので1回は1.5万円になる。売り買いにそれぞれ手数料がかかる。500円×2)
どんな株を買えば良いのか
1.配当利回り3%以上
2.1株の利益が配当金以上ある
3.決算日の前1ヶ月以内
4.過去6ヶ月の株価変動を見て現在値より高い値があること

どんな株を売れば良いか
1.配当利回り2.5%以下
2.1株の利益が配当金以下である
3.決算日の後3ヶ月以内
4.株価が買った時より高くなっている

心構え
1.必要な金を株で増やそうとしない。(元本が保証されない)
2.売り買いした後の株価は見ない。(決断した後でくよくよしない)
3.信用取引を行わない。(元本以上の損失は出さない)
4.株価の値上がりを過度に期待しない。(配当中心で)

— 記述 m-tezuka at 09:45 am   commentコメント [0] 

「せごどん」無駄な放送

 4月1日の大河ドラマ「せごどん」は撮影の裏話だった。本来のドラマは無かった。なぜだろう?たぶん編集しなおしたら1回分足りなかったんだろう。
 日曜日の午後8時は大河ドラマの時間と思っている人が多いのではないだろうか。そんな時間に「裏話」をされると白けてしまう。回数が足りなくなったのなら、年末に総集編をやろるとかお盆に前編の総集編をやるとかすればよいものを。裏話などはドラマと関係ない時にやってほしい。

 

— 記述 m-tezuka at 04:08 pm   commentコメント [0] 

年賀状

2018年の年賀状です。

— 記述 m-tezuka at 08:53 am   commentコメント [0] 

相撲協会の大騒動

 日馬富士の暴行問題に端を発した相撲協会のごたごた問題は、貴乃花親方の降格処分を評議委員会へ提案することになった。そもそもの発端は、日馬富士の暴行であるが、ここまでこじらせたのは貴乃花である。
 貴乃花親方も言っているように、この暴行事件は相撲とは関係ない、「暴行事件」だから相撲協会には届けずに警察沙汰にしたのである。しかし、通常の常識を持っている人間であれば、先ず当事者間の話し合いを行い解決しない場合は司法に委ねるという手法を取るべきである。全く話し合いもせずに、警察・検察・裁判所を動員するのは、多大の税金を無駄に使うことになり善良な市民のすることではない。
 今回の暴行事件は単なる酔っ払いの喧嘩であるから、通常であれば示談で仲直りをして終わりである。貴乃花がこれを相撲協会には内緒で警察沙汰にしたのは、何らかの魂胆があるに違いない。これをチャンスととらえ、理事長を辞任に追い込み自分が理事長になりたかったのだろうか。それにしてもやりかたが下手である。初心を曲げなくてえらいと評価する人もいるが、これは単に子供が駄々をこねているのと同じではないか。大人は他人の意見を聞いて妥協をしながら着地点を探すものである。

 

— 記述 m-tezuka at 10:58 am   commentコメント [0] 

prev
2019.7
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:005 Y:273 Total:232615 Online:01
m-tezukaのホームページ