関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

やはり宇宙人

普天間基地移設問題の解決は、もはや鳩山政権では絶望的になった。
 
 そもそも鳩山首相の言葉は軽すぎる。何の考えも無く相手に合わせた言葉が口から出てしまうようだ。最初はオバマ大統領に伝えた「トラスト ミー」。その後3月末までに政府案をまとめるといいながら、期限が来たら「腹案がある」と言って4月に入ってしまった。
 核サミットでオバマ大統領に「5月決着への協力をお願いした」と言っていたが新聞報道では相手にされなかったようだ。また、その「腹案」らしい徳之島分散移設案に地元の大反対集会が開かれても、いまだに「5月末決着に努力する」と言っている。閣僚は誰もそれを信じていない。
 
 麻生首相もリーダーシップの無い首相だったけれども鳩山首相はそれに輪をかけたような正に宇宙人としか言いようが無い。

 

— 記述 m-tezuka at 02:35 pm   commentコメント [1]  pingトラックバック [0]

この記事に対するコメント・トラックバック [1件]

Up1. 鳩山由紀夫は嘘つき脱税王 Website — 2010/04/19@15:23:29

普天間の移転先の腹案は、徳之島であったようだ。島民の約6割(15000人)が参加した反対集会。
それでも鳩山由紀夫は島を訪問したいようだ。それだけ追い詰められているのだろう。

この記事に対するこれ以上のコメントはありません

prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:139 Y:117 Total:134855 Online:03
m-tezukaのホームページ