関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

[ Tags :: 菅首相 ]

菅さんリーダーの資格なし

 昨日の民主党代議士会をテレビで見ていたら、菅さんが震災のメドが付いたらやめると言っていた。多分8月前には辞任するだろう、これで賛成しようと思っていた小沢派議員の多くが反対に回り、内閣不信任決議案は否決されるなと思った。
 
 ところが内閣不信任決議案が否決されてみると、菅さんは年明けまでやめそうも無い。菅・鳩会談で辞任を約束させたと思っている鳩山さんがカンカンに怒っている。
 
 リーダーが「A」と言っても大多数が「B」だと思って行動してしまったら、結果が出てしまってからリーダーが自分は「B」と言っていないと言ってその責任を取らなかったらリーダー失格だ。そんな単純なことが分かっていないのが菅さんだ。

 

— 記述 m-tezuka at 10:16 pm   pingトラックバック [0]

菅さんあなたは総理の器ではありません

13日読売新聞朝刊「レベル7首相「専門家の判断」
 福島第一原子力発電所事故の暫定評価の「レベル7」への引き上げについて、「専門家の判断だ。何かが遅れた、(事故を)軽く見たということは全くない。」と延べ、対応に問題はないとの認識を示した。

 暫定評価レベルは、最初4で次に5になりついに最高の7になった経過がある。事故を過小評価したことは確実である。従って対策も後手後手となっていつ終わるともわからない状況に、世界中がいらいらしているのに、総理大臣がこんな発言でいいのだろうか?):T
 自分が最高責任者であるという認識が全くない。判断は専門家に任せるのは当然であるがその結果は自分が責任をもって全世界に説明するべきではないのか。
 
 所詮、官僚と喧嘩して怒鳴り散らす程度の人間である。このような大災害のときこそ官僚に任せて既存の組織を存分に使いすばやい対応をするべきなのに、委員会や役職を増やして責任をあいまいにしている。全くだめな総理である。
 

 

— 記述 m-tezuka at 09:39 pm   pingトラックバック [0]

菅さんあなたは本当の目立ちたがり屋ですね

 この度の東北地方太平洋沖地震発生後、私の腹の中でも小さな地震が発生して入院してしまい、インターネットから隔絶されていた。一昨日退院して昨日から「m-tezukaのデジカメ日記」を再開したところである。
 
 新聞もやっと落ち着いて読めるようになって、今朝の朝刊でビックリ。“首相視察「原子力勉強したい」-野党「初動遅れに影響」”記事の概要は次の通り。
 地震発生後の翌日「原子力について少し勉強したい」ということで東京電力福島第一原子力発電所を訪れ、約50分滞在して東電職員から状況の説明を受けた。このため原子炉内の圧力を弁から逃がすベント作業が遅れたというものである。ベント作業をして万一放射性物質が拡散し首相が被爆したら大変だという配慮があったことは否めない。
 
 この時期に、何で今更原子力の勉強に、混乱している福島第一原発を視察しなければならないのか。):T
 自分が行けば、最悪の状況になるのを懸命に阻止しようとしている現場の手を一時的に止めるということが、どうして想像できないのだろうか?本当にバカとしか言いようが無い。
 
 首相にしてみれば「百聞は一見に如かず」ということであろうが、これは言葉でしか状況を説明できない時代のことで、今は映像によって各地の情報が次々と伝えられるので、現場に行かない方が全体像が良くわかる時代である。
 我々でさえマスコミの報道によってこの災害の全体像が想像できる。ましてや首相であるから自衛隊などの我々が知り得ない情報も知ることができるのだから、官邸に居ながらにして全体像を把握することができるし、原子力を勉強したければ専門家を官邸に呼べば済むことである。
 
 万一、福島第一原発が最悪のシナリオをだどった場合、その原因の一つとして「ベント作業の遅れ」が挙げられるだろう。ということはこの行為が歴史上に残るということである。

 

— 記述 m-tezuka at 11:50 am   pingトラックバック [0]

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:124 Y:150 Total:143062 Online:02
m-tezukaのホームページ