m-tezukaのデジカメ日記

中野サンプラザ

「人間も 建て替えられる 日が来るか」
180920
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は中野サンプラザで中学の同窓会がある。ということで中野にやって来た。北口を出て歩道橋を登ると目の前に中野サンプラザがそびえ立っている。このビルは間もなく建て替えられるそうだ。ビルは古くなると建て替えられて新しいビルに変身することができる。何とも羨ましい限りだ。人間にもそんなことのできる日がやって来るのだろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 09:31 pm   commentコメント [0] 

ナンバンギセル

「手で払う ススキの根元 キセル咲く」
180919
↑クリックすると拡大表示されます

 一昨日行った 植物多様性センターにナンバンギセルが咲いていたので、野草園近くの原っぱにも咲いているはずだと行ってみた。しかし、ススキが茂り過ぎて少し葉をかき分けた程度では見つけられない。あきらめて 植物多様性センターへ行った。
 ここはススキがたくさんあってナンバンギセルもたくさんあるが、最盛期を過ぎて萎れた花が多く、きれいな花を探すのが大変だった。来年はもう少し早く来てみよう。

 

— 記述 m-tezuka at 09:36 pm   commentコメント [0] 

案山子

「スズメより 案山子が多い 田んぼかな」
180917
↑クリックすると拡大表示されます

 最近秋らしい気温が続いていたが、今日は少し暑くなった。NHKの昼の番組で深大寺をやっていたので、久しぶりに深大寺へ行ってみた。
 途中の水生植物園に入って奥の田んぼを見ると、稲が実っており、沢山の案山子が並んでいる。深大寺小学校の生徒たちがスズメから稲穂を守るために並べたものだ。こんなにたくさんの案山子が居たらスズメは近寄れない。

 

— 記述 m-tezuka at 07:06 pm   commentコメント [0] 

下田港の黒船

「夏雲や 黒船のいる 下田港」
180907
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も帰りのバスが迎えに来るまでの間、下田港の周りを散歩する。道の駅「開国下田みなと」の中をウインドウショッピング。そこを出て隣のまどが浜回遊公園へ。木陰の無い広い芝生広場で、風が吹き抜ける。帽子を押さえて歩かざるを得ない。「海遊の足湯」があって日差しを遮る屋根があるので、足を湯につけて港を眺めていると、黒船がやってきた。

 

— 記述 m-tezuka at 10:39 pm   commentコメント [0] 

ペリーロード

「その昔 ぺリーが歩く 柳道」
180906
↑クリックすると拡大表示されます

 今日もホテルの無料送迎バスで、下田に来た。夕食には時間がたっぷりあるので、下田の街をのんびりと散策する。先ずは、なまこ壁の屋敷を見ながら、1854年にペリー艦隊の乗組員が上陸したという記念の地まで歩いた。そこから寝姿山や下田富士を眺め、「日米下田条約」を締結したという了仙寺までペリーになったつもりで歩いた。

 

— 記述 m-tezuka at 10:22 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
T:455 Y:1140 Total:231182 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ