m-tezukaのデジカメ日記

長円寺の紅葉

「長円寺 もみじの傘の 菩薩様」
191108
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は自治会の旅行で信州へ行った。目的地の一つは信州もみじ寺・長円寺で、石仏百体観音とと紅葉のトンネルだそうだ。朝から快晴でもみじの撮影には絶好の天候だ。しかし添乗員の話では4日前に行った人の話ではまだ早いとのことだった。
 しかし行ってみるともみじは真っ赤で正に見頃である。このところ急に冷え込んだので紅葉が進んだらしい。見頃はこの1週間程度だそうだ。さくらやもみじは見頃が短いのと天候にも左右されるので丁度の時期に訪れるのは賭けのようなものである。

 

— 記述 m-tezuka at 10:46 pm   commentコメント [0] 

名も知らぬ虫

「菊に来た 名も知らぬ虫 蜜を吸う」
191105
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も快晴だがチョッと涼しい。午前中は用事があって何もできなかった。午後は日差しの中に出てみると、太陽に光は暖かい。庭を見ていると白い菊の花の中で小さい黒い虫が動いている。とがった口を花の中に突っ込んで蜜を吸っているように見える。マクロで撮ってみた。

 

— 記述 m-tezuka at 09:33 pm   commentコメント [0] 

バラフェスタ

「秋の空 バラとビーナス 競演す」
191101
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりに秋らしく良く晴れた。まだ神代植物公園ではバラフェスタを開催しているらしいので行ってみた。
 七五三参りの家族でにぎわう深大寺を横目に植物園へ急ぐ。バラ園に行ってみると思ったより花は少ない。11月ではこんな程度なのかとちょっとがっかり。しかし気を取り直して写真になりそうな花を探す。
 神代植物公園のバラ園ではやはりこのビーナスを撮らないと来た甲斐がない。

 

— 記述 m-tezuka at 07:36 pm   commentコメント [0] 

鈴なりの柿

「鈴なりの 柿は甘いか 渋いかな」
191030
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりの快晴だ。台風や大雨で撮影に出かけていなかったので、様子を見に野草園へ行ってみた。
 園内を見渡すとあまり花は咲いていない。ホトトギスは。花が終わっていればその痕跡があるはずなのにホトトギスそのものが少なくなっている。10月は雨が多かったので草花の成長が悪かったようだ。
 一方、見上げると柿が鈴なりに生っていた。台風には耐えたようだ。これだけ生っていても採らないところを見ると渋柿だろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 09:28 pm   commentコメント [0] 

菊が咲いた

「菊咲いて 寿命も知らぬ 蝶々かな」
191027
↑クリックすると拡大表示されます

 今月は太陽を見る機会が少なかったが、今日は午後からよく晴れて太陽を長く見ることができた。しかしどこにも出かけなかったので、家の周りで被写体を探す。
 庭を見ると黄色い菊が咲き始めている。そこへフラフラとモンシロチョウがやってきた。これから盛んに咲く菊と、まもなく寿命を迎えそうな蝶との組み合わせが絶妙であるなと感じて撮ってみた。

 

— 記述 m-tezuka at 09:36 pm   commentコメント [0] 

prev
2019.11
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
T:095 Y:158 Total:564568 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ