関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

麻生首相の自慢癖が東京オリンピックを幻に

 2016年オリンピックに向けたIOCの東京調査が無事終了し、石原都知事は江戸っ子のホスピタリティーが発揮できたと胸を張ったが、それをぶち壊した「江戸っ子」でない人物がいた。
 
 4月19日の読売新聞に次のような記事が載っていた。
 
「IOC評価委招き麻生首相晩さん会」
‥‥あいさつに立った麻生首相は、会場となった迎賓館について、「ロシアに戦争で勝った直後の1909年に建てられた」と英語で発言。評価委員の1人がロシア出身だったことから、別の評価委員が、この委員の表情を見ようと振り返る一幕もあった。
 こんな場面でなぜことさら「ロシアに戦争で勝った」と言わなければならなかったのか。とにかく何でも自慢したがるいつもの癖が出ただけで本人はなんとも思っていないところが情けない。
 これで評価委員の印象を悪くして2016年東京オリンピックは幻になってしまうであろう。
 
 石原さん、怒っていないけれど、英語の発言だったので気が付かなかったのだろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 10:42 am   pingトラックバック [0]

この記事に対するコメントはありません

prev
2021.6
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:530 Y:842 Total:588685 Online:01
m-tezukaのホームページ