m-tezukaのデジカメ日記

雪の彼岸

「さくら草 雪に埋もれた 彼岸の日」
180321
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は春分の日である。しかし朝から寒く昼前に雪が降りだした。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、彼岸までは寒さが続くものだ。
 午後になると庭にも雪が積もりだして、春の花が雪を冠ってしまった。花も寒さに震えている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:36 pm   commentコメント [0] 

シュンラン

「足元に シュンランが咲き 薄日差す」
180318
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は春らしく少し霞んだ空だ。風もなく暖かいので春を探しに少し足をのばして植物多様性センターまで行ってみた。
 梅畑の向こうに福寿草が咲いている。しかし葉が伸びた枝の先に黄色い花をつけているので、菊のようで福寿草らしからぬ姿である。だれもカメラを向けていない。しかし福寿草としては、葉も茂り花もたくさん咲いて今が最盛期であろう。私も全くカメラを向けずに通り過ぎる。
 池のほとりでシュンランを見つけた。これは今が旬である。

 

— 記述 m-tezuka at 06:54 pm   commentコメント [0] 

コブシ咲く

「コブシ咲く 雑木林で 鳥が鳴く」
180317
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から天気が良い。そろそろ緋寒桜が咲いてもいい頃だ。と自由広場2へ出かけてみた。するといつの間にか満開である。2週間以上来ていないから仕方がない。
 雑木林の方に行ってみると、コブシも満開である。青空に映えて美しい。今日はこちらの写真にしておこう。

 

— 記述 m-tezuka at 09:42 pm   commentコメント [0] 

さくら草

「踏まないで 足元見てねと さくら草」
180310
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は午前中はずっと曇っていて、午後になってやっと晴れてきた。そんなわけで外へは出ずに、家の周りで被写体を探す。
 今一番目に付くのはさくら草だ。桜に先駆けて、小さいながら沢山の花をつけて咲いている。桜が終わってからも咲き続けるので、長く花を楽しめる。昨年咲いたピンクの花の種を蒔いたものが今年咲いたのだが、ピンクの濃いのと薄いの、さらには白い色と3種類の花が咲いた。種から育てるとそんな楽しさもある。

 

— 記述 m-tezuka at 06:33 pm   commentコメント [0] 

大寒桜

「青い空 窓から見える さくらかな」
180306
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は天気予報では曇りだったが、午前中から青空が広がって良い天気になった。この状態だと、ハリウッドの大寒桜は満開になってしまう、と急いで行ってみると案の定ほぼ満開である。
 ここには昔ハリウッド化粧品の工場があったのだが、今はマンションになっている。そこの住んでいる人たちはこの時期常に窓から桜が眺められて羨ましい。

 

— 記述 m-tezuka at 06:34 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.6
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
T:439 Y:1941 Total:129311 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ