m-tezukaのデジカメ日記

伊豆の島梅鉢草

「岩陰に 梅鉢草の 白い花」
181110
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暖かい。久しぶりに植物多様性センターに行ってみることにした。途中、深大寺を通ると、七五三参りの家族が数組あちこちで連れのカメラマンに写真を撮らせていた。寺に店を構えた写真屋は暇そうであった。
 植物多様性センターの伊豆七島エリアには、イソギクが一面に咲いて黄色になっていた。そんな中で気付きにくかったが、岩陰に白い花が咲いていた。イズノシマウメバチソウと表示があった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:32 pm   commentコメント [0] 

ヒメアカタテハ

「秋深し 色あせた蝶 舞い降りる」
181105
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は、雨が降ったと思ったら太陽が出て不安定な天気だ。正に秋の空である。丁度晴れた時、蝶々がヒラヒラと飛んできて千日紅に止まった。
 羽を立てて止まっているので、タテハチョウ系の蝶であるらしいが、色あせているので何チョウかわからない。とにかく写真に撮ってみた。写真を見て模様から判断するとヒメアカタテハらしい。8月18日に同じ千日紅に止まったヒメアカタテハLink と比べると、かなり色あせていて哀れである。

 

— 記述 m-tezuka at 07:07 pm   commentコメント [0] 

ミゾソバ

「ミゾソバよ 花はいつ咲く 晴れた空」
181102
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は雲一つない快晴である。野草園へ行ってみると、11月~3月は閉鎖期間で入れない。金網越しに中を覗いてみるとほとんどなにも咲いていない。あきらめて水生植物園に行ってみる。
 水生植物園も咲いている花は、終わりかけたツリフネソウとミゾソバ程度である。しかしミゾソバは蕾の状態で花が開いているものはほとんどない。今日は太陽が出て暖かいのに、探しても開いている花は見つけられない。

 

— 記述 m-tezuka at 04:10 pm   commentコメント [0] 

三保の松原

「秋の富士 波を待つ間の 長さかな」
181030
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は自治会の旅行で三保の松原へ。雲一つなく晴れて、絶好の行楽日和だ。歩いて3分程度のところにバスが来るので、大変楽である。
 バスの駐車場は、羽衣の松から一番遠い御穂神社の近くであった。そこから15分ほど歩いて海岸に出ると富士山が砂浜の上に見えた。
 富士と海が見えるところまで少しあったが、集合時間を気にしながら砂の上を歩いて、なんとか波を入れて富士山を撮った。

 

— 記述 m-tezuka at 08:48 pm   commentコメント [0] 

赤とんぼ

「赤とんぼ 青空飛んで 一休み」
181028
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は良く晴れて青空が広がった。外で子供たちの声がする。出てみると、孫たちが自転車の練習をしている。カメラを持ち出して撮っていると、青空の中をスイスイと赤とんぼが飛んで行った。それが飛び疲れて庭の千日紅に止まった。追いかけて撮って、戻ってみると、子供たちも疲れて家へ帰ったのだろう、いなくなっていた。

 

— 記述 m-tezuka at 04:41 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
T:476 Y:1649 Total:300261 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ