m-tezukaのデジカメ日記

バラフェスタ

「低気圧 バラにやさしい 空模様」
201013
↑クリックすると拡大表示されます

 天気予報を見ると、これから1週間は太陽のマークが無い。午後チョッと晴れ間が覗いたので、今日を逃したら太陽には当分会えないと思い写真撮影に出かけた。
 今は丁度、秋のバラフェスタが神代植物公園で開催されているので行ってみた。深大寺門から雑木林を通り抜けてバラ園の舞台に立って眺めると、バラは期待したほどではなかった。また空は曇ったままで光が差さず、バラにはやさしい光であったが、アクセントのない写真が多く撮れた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:53 pm   commentコメント [0] 

ヒガンバナ

「青空や 時期のはずれた ヒガンバナ」
201002
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝からよく晴れて、暖かい。日向は日差しが強くて暑いが、風は涼しくて気持ちが良い。
 今年は彼岸の時期にはヒガンバナが咲いていなかったので、ヒガンバナを探しに出かけた。野草園へ行ってみると、あちらに一つこちらに一つ程度に咲いていた。ちょっと写真にならないので撮らずに水生植物園へ行った。
 水生植物園では正に今が満開である。田んぼの土手が一面に赤く染まっている。稲が刈り取られぬ今がちょうど見頃である。

 

— 記述 m-tezuka at 07:12 pm   commentコメント [0] 

赤とんぼ

「曇り空 じっと動かぬ 赤とんぼ」
200929
↑クリックすると拡大表示されます

 天気予報では晴れると言っていたのに、曇りである。外へ出る気分になれにまま、庭を見ると、茄子の支柱に赤とんぼが止まっている。早速カメラに望遠レンズを付けて庭へ出る。
 そっと近づくが逃げない。前へ回り込んでも逃げない。しかし前は近すぎてピントが合わない。
 撮り終わって整理していて気が付いた。この望遠ズームは135mmにするとマクロでかなり接近できるのだ。それだけ近づいても逃げなかったと思う。

 

— 記述 m-tezuka at 09:34 pm   commentコメント [0] 

タマスダレ

「秋の田に ヒガンバナ無し 彼岸の日」
200921
↑クリックすると拡大表示されます

 午後から晴れたので、カメラを持って出かけた。彼岸花が咲いている時期なので水生植物園へ行ってみた。今日は4連休の中日なので入り口の蕎麦屋は駐車場も満車で賑わっていた。人々のコロナに対する注意も少し緩んできたようだ。
 水生植物園へ入って早速田んぼの土手に行ってみると、彼岸花は全く咲いていない。東屋の前に白いヒガンバナが2、3輪咲いているだけである。彼岸の日にヒガンバナが咲いていないなんて初めてのことである。そのため、いつもは隠れているタマスダレが良く見える。

 

— 記述 m-tezuka at 06:34 pm   commentコメント [0] 

ナンバンギセル

「この場所も ナンバンギセル 咲いている」
200916
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も曇りで涼しいので、カメラを持って出かけてみた。先日、野草園近くのススキの群れでナンバンギセルを見つけたので、植物多様性センターにもナンバンギセルの咲いている場所があったのを思い出して行ってみた。
 門を入って右側の原っぱの中にススキの群れがある。その中を探していくとススキの根元に紫色のナンバンギセルが咲いていた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:47 pm   commentコメント [0] 

prev
2020.11
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 
T:836 Y:1357 Total:822359 Online:11
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ