m-tezukaのデジカメ日記

イチモンジセセリ

「蝶々が 飲み比べする 花の蜜」
220817
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日は真夏日だったが、それに比べると今日は過ごしやすく、一息つける。空も曇りがちで、いつ雨が降ってくるかもわからない。そんなわけで、家の周りで被写体を探す。
 千日紅を撮っていると、イチモンジセセリがやって来てあっちの花こっちの花と蜜を吸って飲み比べているよyだ。そんな様子を撮ってみた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:29 pm   commentコメント [0] 

モンキチョウ

「青空や 台風去って 蝶が来た」
220814
↑クリックすると拡大表示されます

 昨夜は、上空を台風が通り過ぎて行ったようだ。幸い雨もあまり激しくなく涼しい夜で穏やかに過ごした。今朝は台風一過の青空とはいかなくて、曇りがちで時々青空がのぞく程度の陽気である。そんなところにモンキチョウがやってきて、千日紅の花にとまって蜜を吸い始めたので、早速撮ってみた。
 (白いのでモンシロチョウと思っていたが、模様がモンキチョウと一緒なのでモンキチョウに訂正。8/15)


 

— 記述 m-tezuka at 02:39 pm   commentコメント [0] 

フウセンカズラ

「緑色の 風船カズラ 涼し気に」
220805
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は涼しい。汗も出ずに快適だ。こんな陽気も日曜日までらしい。来週からはまた暑い日が続きそうだ。こんな穏やかな日には庭の写真を撮っておこうとカメラを持ち出す。
 垣根のところにいつの間にかフウセンカズラが実をつけていた。花は小さくて目立たないので気が付かなかったようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 04:13 pm   commentコメント [0] 

ミソハギ

「青空や 揺れるミソハギ 涼さそう」
220722
↑クリックすると拡大表示されます

 朝は雨が降っていたが、午後になると晴れて青空が広がったので、久しぶりにカメラを持って出かけた。
 晴れるとさすがに暑い。マスクをしないで歩き水生植物園へ。人が見当たらないのでそのままマスクをせずに入る。湿地帯の木道は木陰が無くて暑い。傍らにミソハギが風に揺れているのを見ていると少し涼しくなった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:35 pm   commentコメント [0] 

夏の富士

「やっと晴れ 展望台から 夏の富士」
220720
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日は激しい雨の中のドライブで浜松に着いた。天気予報では今日も曇りだったので、どこにも寄らず帰るつもりでいたが、朝起きると晴れ間が覗いていたので富士山を撮影する期待が膨らんだ。
 朝、ちょっとした用事を済ませてから、目的地を「日本平観光天文センター」に設定して帰途に就く。東名の「日本平久能山スマートIC」を出て高速道路に沿った細い道を上り下りしながら「日本平パークウエイ」で目的地に到着。展望デッキから富士山を見ることができた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:54 pm   commentコメント [0] 

prev
2022.9
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
T:1892 Y:5045 Total:2979482 Online:167
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ