m-tezukaのデジカメ日記

ヤマトシジミ

「ニガウリの 花にチョウチョが 潜り込む」
190829
↑クリックすると拡大表示されます


 昨日までは雨が多くて涼しかったが、今日は太陽が出て暑さが戻った。しばらくこの暑さが続きそうだ。このところ家から出なかったのでそんな状態に慣れて今日も家の中で過ごす。それでも写真を撮らなくては日記が書けないので家の周りを探すと、ニガウリの花に頭を突っ込んでいるシジミチョウを見つけた。昆虫は目が写っていないとだめなので、目が写っているものを選んだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:51 pm   commentコメント [0] 

イチモンジセセリ

「ステルス機 如イチモンジ セセリかな」
190821
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日の雨で少し気温が下がって過ごしやすくなった。午後から用事があるので家の周りで被写体を探す。
 千日紅の周りにイチモンジセセリが飛び回っているのを見つけた。花に留まったところを後ろから眺めると、垂直尾翼が斜めに2枚立っているステルス戦闘機に似ている。目玉が入るように撮影してみた。正に今、空母から飛び立とうとしているようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 07:00 pm   commentコメント [0] 

夏のバーベキュー

「バーベキュー 鉄板焼けて 蝉の声」
190810
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は建築会社が開催するバーベキューパーティーに招待されて昭和の森ガーデン カフェ&BBQへ行った。夏のバーベキューガーデンは暑い。テントや木立があって直射日光には晒されないものの、風がないので鉄板の熱がむっと来る。そのうえ蝉がやかましく鳴く。

 

— 記述 m-tezuka at 09:37 pm   commentコメント [0] 

風船カズラ

「花よりも 目立つ風船 カズラの実」
190809
↑クリックすると拡大表示されます

 連日猛暑日。外へ出るのは危険である。ということで家の周りで被写体を探すことになる。しかしこの暑さで花も萎れて撮れるような花がない。そんな時のために風船カズラをとっておいた。
 風船カズラを庭に植えても、花は小さくて目立たないが、実は風船のように膨らんで存在感がある。風船の色は初めは黄緑色で葉とおマジ色だが熟すに従って茶色に変色する。白い小さな花と黄緑色の風船と茶色の風船が同時に存在してなかなか賑やかである。

 

— 記述 m-tezuka at 09:25 pm   commentコメント [0] 

切子灯篭

「深大寺 切子灯篭 風止まる」
190807
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は旧暦の七夕なので深大寺でも飾り付けが行われているかなと思い、暑い中を出かけてみた。
 最近の暑さで、テレビも不要の外出を避けるように呼び掛けている影響か、道路を歩いている人を見かけない。深大寺界隈もチラホラとしか人は歩いていない。また七夕の飾り付けは無く通常の盆飾りだけである。
 境内へ入ってみると、ゆらゆらと揺れていた本堂の切子灯篭がスッと止まって暑さが押し寄せてきた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:56 pm   commentコメント [0] 

prev
2019.10
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
T:031 Y:177 Total:557305 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ