m-tezukaのデジカメ日記

皆既月食

「見上げれば 赤い月あり 冬の夜」
180131
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は皆既月食だけれども、夜は曇って見えないという予報だったので何の用いもしていなかったが、東京でも見えるとテレビが言っていたので、ベランダへ出てみると赤い月が出ていた。
 あわててカメラを三脚に着けて撮ってみたが出来は良くない。カメラ任せで撮ったので明るく写り過ぎておりシャッタースピードが遅くブレてしまった。今日の月は「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という珍しい現象が3つも重なった超レアな月だそうだ。
 意外だったのは月の近くの星が写っていることだ。普段は月が明るいので見えないのが、月が暗くなって見えてきたものだ。

 

— 記述 m-tezuka at 11:16 pm   commentコメント [0] 

雪解け

「赤い花 雪の下から 顔を出す」
180123
↑クリックすると拡大表示されます

 昨夜は大雪だった。朝起きると快晴だったが、庭は真っ白い雪で覆われて草一本も見えない。鉢の上にはアイスクリームを盛ったように雪が積もって、どの鉢に何があったのかわからない状態だ。
 しかし、今日は暖かい。太陽が顔を出すと雪が解け始めた。朝食後、庭に出てみると鉢の雪が解け始めていて、中から赤い花が顔を出していた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:46 pm   commentコメント [0] 

セキレイが来た

「セキレイよ 雪降る前に 餌を摂れ」
180122
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は午後から雪が降ると、テレビが言っている。しかも大雪だ。ということで、今日は雪景色の日記を書くつもりでいたが、雪が降る前にセキレイがやって来た。
 家庭菜園の不出来なほうれん草の中にくちばしを突っ込んでいる。虫を探しているのだろうか。くちばしを撮ろうと思うのだがなかなか撮れない。

 

— 記述 m-tezuka at 04:39 pm   commentコメント [0] 

さくら草が咲いた

「夏蒔いて やっと咲いたよ さくら草」
180119
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はすっきりしない天気だ。こんな日は外に出たくない。ということで家の近くで被写体を探す。と可憐な桜草が咲き始めていた。
 このさくら草は去年の夏に種を蒔いて育てたもので、芽はすぐ出たもののなかなか育たず、花は咲くのだろうかと心配していたが、暮れごろから育ってきて年が明けてからつぼみが膨らんで、やっと咲いた。種から育てるのは大変である。

 

— 記述 m-tezuka at 09:29 pm   commentコメント [0] 

梅が咲いた

「青空や 梅が咲いたよ 飯を食う」
180116
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暖かくなって3月並みの気候だという。手袋なしで出かけたら手が冷たい。ポケットに手を突っ込んで歩く。
 水生植物園に行ってみると、まだ枯れた草原が広がる冬の景色だ。中央にある東屋に行ってみると、ここは暖かく梅が咲いていた。ベンチで昼飯を食べるグループがいた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:49 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
T:972 Y:1123 Total:169551 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ