m-tezukaのデジカメ日記

田植え

「青空や 田植えする子ら 泥まみれ」
180511
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は、朝から晴れて気持ちが良い。正に五月晴れだ。深大寺小学校の生徒たちが水生植物園の田んぼで田植えをすると聞いて、行ってみた。
 田んぼに近い三鷹通りを歩いていると、いつもは静かだけれども、下の方から賑やかな声が聞こえてきた。田植えが始まっているらしい。
 園内に入って田んぼに直行する。大勢の生徒が交代で田んぼに入って、田植えをしていた。田植えを終えた子たちは泥まみれの手足を振っているので、泥を付けられないように少し離れて写真を撮る。

 

— 記述 m-tezuka at 05:03 pm   commentコメント [0] 

バラが咲いた

「みどりの日 季節先取り バラが咲く」
180504
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はみどりの日。神代植物公園が無料で入れる日である。天気も良く神代植物公園へ行ってみた。無料ということで多くの人が来園しており、深大寺門の前は自転車で埋まっている。
 この時期はハナミズキが見頃を迎えているはずであるが、花は散ってしまって緑の葉だけである。正門近くのつつじ園も緑一色。今年は季節が早く進んでいる。
 一方、バラ園へ行ってみるとすっかり見頃を迎えており、こちらは見ごたえがあった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:58 pm   commentコメント [0] 

ナンジャモンジャコンサート

「花の無い ナンジャモンジャ コンサート」
180502
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は1時からナンジャモンジャコンサートがあると聞いて、深大寺へ行ってみた。ナンジャモンジャの花は全く咲いていないが、既に会場には人が集まっており、椅子には座ることができなかったが、立ち見の最前列に陣取ることができた。
 良い場所が取れたと喜んでいるとアナウンスがあり、1時15分からパレードがありこの会場でコンサートが始まるのは1時30分からだと言った。30分以上もじっと待つことになったが、薄日が差す程度であまり暑くないことが幸いした。
 今年は30周年記念ということで深大寺小学校の生徒が招待されていて、白い帽子を冠っていたのでそれがナンジャモンジャの花の代わりになっていた。

 

— 記述 m-tezuka at 09:41 pm   commentコメント [0] 

シラン

「青空や シランが揺れる 散歩道」
180428
↑クリックすると拡大表示されます

 ゴールデンウイークの初日、快晴である。カメラを持って深大寺へ行ってみた。そこそこの人出である。境内へ行ってみると、ナンジャモンジャの花はすっかり散ってしまって青葉ばかりだ。
 水生植物園へ行ってみると、こちらもいつもの土曜日より人は多い感じだ。「緑が多く、静かでいいところね!」とゆっくり散歩しているカップルに出会う。

 

— 記述 m-tezuka at 09:53 pm   commentコメント [0] 

さくら草

「さくら散り 地上に咲いた さくら草」
180422
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も暑い。久しぶりに深大寺界隈へ行った。しばらく見ぬうちに季節は大分進んでおり、ずいぶん緑が増えている。水生植物園のさくらは葉桜になり、そのかわりにさくら草が咲いていた。
 深大寺境内では、例年ではゴールデンウイークに見ごろになるナンジャモンジャが満開になっている。まわりはすっかり新緑の季節だ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:48 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.11
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 
T:1544 Y:2335 Total:316185 Online:08
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ