m-tezukaのデジカメ日記

イチモンジセセリ

「ミゾソバに やって来た蝶 セセリチョウ」
231011
↑クリックすると拡大表示される

 朝晩は涼しくて、やっと秋が来たと感じる。そこで水生植物園に行ってみた。ここは神代植物公園に一部であるが無料で入園できる部分なので、あまり手入れが行き届かず葦に負けてしまっている。それでもミゾソバが可憐な花を咲かせている。
 そんなミゾソバにイチモンジセセリがやって来た。

 

— 記述 m-tezuka at 06:33 pm   commentコメント [0] 

チカラシバ

「木漏れ日に 光っているよ チカラシバ」
231006
↑クリックすると拡大表示される

 今日は植物多様性センターまで行ってみようと出かけた。通り道にある水生植物園と深大寺城跡に寄ってみる。深大寺城跡にはソバ畑があって白い花が一面に咲いていた。
 深大寺を通り抜けて植物多様性センターまで来たが花らしい花は咲いていない。雑木林のはずれに木漏れ日に光る小さなブラシのようなものを見つけた。看板に「チカラシバ」と書いてあった。

 

— 記述 m-tezuka at 09:49 pm   commentコメント [0] 

ハナムグリ

「ハナムグリ 潜れぬ花は フジバカマ」
231003
↑クリックすると拡大表示される

 10月になったら急に涼しくなって秋を感じる。そこで野草園へ行ってみた。野草園の手前の田んぼでは稲刈りが始まっていて秋らしい風景になっている。
 野草園の中は夏が終わって秋の花になっているが花少ない感じだ。ホトトギスが咲いているが痩せ気味だ。萩は終わっているのか花がちらほらある程度だ。フジバカマの花にハナムグリが潜り込もうとしている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:33 pm   commentコメント [0] 

オオスカシバ

「スズメガの 空中給油 百日草」
230924
↑クリックすると拡大表示される

 今日は少し涼しくなった。庭に出て花を撮影していると、スズメガが飛んできた。「花に止まってくれ」と祈るがそんな気配は全くない。くちばしを花に突っ込んで蜜を吸うとさっと飛び去る。そんなことでなかなか写真が撮れない。
 やっと撮れたのがこの一枚。

 

— 記述 m-tezuka at 09:53 pm   commentコメント [0] 

彼岸花

「暑くても 時期を忘れぬ 彼岸花」
230920
↑クリックすると拡大表示される

 今年は残暑が厳しい。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、彼岸まで暑い。外に出たくないが、曇っているので彼岸花探しに水生植物園へ行ってみた。
 水生植物園の田んぼの堤に彼岸花が咲くのだが、日当たりの良い堤には蕾がつんつんと伸びているだけで花の気配はない。9月の暑い日差しにさらされて季節が狂ってしまったようだ。  しかし木陰には彼岸花が咲いている。ここは土がそれほど暑くはならなかったようだ。季節通り彼岸の入りに咲いている。

 

— 記述 m-tezuka at 08:17 pm   commentコメント [0] 

prev
2024.2
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
 
T:3242 Y:1946 Total:463701 Online:19
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ