m-tezukaのデジカメ日記

ハイキング

「秋の空 子らの歌声 ハイキング」
191023
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日は雨の中を走って箱根湯本に泊まった。朝起きると快晴でこれなら富士山が見えそうだと大観山を目的地に出発した。芦ノ湖まで来ると富士山は雲の中。これでは大観山まで行っても仕方ないので箱根神社にお参りしてから、小田原フラワーガーデンに向かう。
 小田原フラワーガーデンに来てみると休園日で入れない。仕方なく隣の諏訪の原公園に行った。ここには広い芝生の原っぱがあり、ベンチで休んでいると、反対側を子供たちが歌を歌いながら行進していった。

 

— 記述 m-tezuka at 08:01 pm   commentコメント [0] 

アゲハチョウ

「寒い朝 じっと動かぬ あげはちょう」
191016
↑クリックすると拡大表示されます

 台風が去って急に寒くなった。これで平年並みらしいが、これまで暑かったので寒く感じる。昨日から長袖になった。
 外を眺めていると、千日紅の花にアゲハチョウが止まっている。見ている間に全く動かない。くちばしも丸めたままだ。
 カメラを持ち出して近づいて撮る。前から後ろから撮っていると、少し気になるのか羽をゆっくり動かしたが飛び立たない。植木鉢に足が当たった振動でやっと飛び去った。

 

— 記述 m-tezuka at 06:50 pm   commentコメント [0] 

赤とんぼ

「赤とんぼ 止まっているよ 竿の先」
191009
↑クリックすると拡大表示されます

 秋晴れの良い天気だ。庭を眺めていると、ピーマンの支柱の先端に赤とんぼが止まった。これは良い被写体だと、カメラを持って近づく。近づき過ぎるとパッと飛び上がるが、すぐに元の位置に戻って止まる。そんなことを繰り返しながら、赤とんぼを撮った。

 

— 記述 m-tezuka at 06:34 pm   commentコメント [0] 

ユリオプスデージー

「くちばしを 花に突っ込む 蝶々かな」
191007
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は涼しい。これが平年の気温らしい。家の周りを眺めると、ユリオプスデージーが見ごろになっている。この花はいつ見ても咲いているのであまり季節感がないが、キク科なので秋の花なのかと思う。
 その花にイチモンジセセリが飛んできて口ばしを花に突っ込んで蜜を吸っている。デジタルマクロで写真にしてみた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:50 pm   commentコメント [0] 

彼岸花

「温暖化 季節外れの 彼岸花」
191004
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は晴れて暑い。真夏日になるらしい。テレビで巾着田はまだ彼岸花が咲いていると言っていた。そういえばまだ彼岸花を見ていないことに気付き、水生植物園へ行ってみた。
 水生植物園に入って左に進むと菖蒲田の土手にチラホラと彼岸花の萎れた花が見える。今年は花が少ない。さらに進んで行くと、東屋の向こうの田んぼの土手が赤く染まっている。彼岸花がちょうど見頃だ。田んぼの稲は刈り取られて切り株だけが残っている。例年だと彼岸花の背景に稲穂を入れるのだが、今年の背景は切り株だ。

 

— 記述 m-tezuka at 06:55 pm   commentコメント [0] 

prev
2020.1
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
T:196 Y:565 Total:595211 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ