m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 昆虫 ]

イチモンジセセリ

「ステルス機 如イチモンジ セセリかな」
190821
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日の雨で少し気温が下がって過ごしやすくなった。午後から用事があるので家の周りで被写体を探す。
 千日紅の周りにイチモンジセセリが飛び回っているのを見つけた。花に留まったところを後ろから眺めると、垂直尾翼が斜めに2枚立っているステルス戦闘機に似ている。目玉が入るように撮影してみた。正に今、空母から飛び立とうとしているようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 07:00 pm   commentコメント [0] 

ルリタテハ

「冬越して ホッと一息 ルリタテハ」
190320
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暖かい。こんなに暖かいと、桜も開花するかもしれないと思い、野川に行ってみた。この陽気に誘われたのか、桜の下で花見をしているグループが2組いたので、花を探したが1つも咲いていなかった。
 次に深大寺に行って、深大寺通りの桜並木を見ていったが、やはり1つも咲いていなかった。しかし深大寺小学校に行ってみると桜が3分咲きだ。しかしこの桜がソメイヨシノかどうかはわからない。
 桜の撮影はあきらめて水生植物園に行った。そこで、杭の上に羽を休めている蝶を見つけた。成虫のまま冬を越したルリタテハだった。

 

— 記述 m-tezuka at 07:06 pm   commentコメント [0] 

ヒメアカタテハ

「秋深し 色あせた蝶 舞い降りる」
181105
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は、雨が降ったと思ったら太陽が出て不安定な天気だ。正に秋の空である。丁度晴れた時、蝶々がヒラヒラと飛んできて千日紅に止まった。
 羽を立てて止まっているので、タテハチョウ系の蝶であるらしいが、色あせているので何チョウかわからない。とにかく写真に撮ってみた。写真を見て模様から判断するとヒメアカタテハらしい。8月18日に同じ千日紅に止まったヒメアカタテハLink と比べると、かなり色あせていて哀れである。

 

— 記述 m-tezuka at 07:07 pm   commentコメント [0] 

赤とんぼ

「赤とんぼ 青空飛んで 一休み」
181028
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は良く晴れて青空が広がった。外で子供たちの声がする。出てみると、孫たちが自転車の練習をしている。カメラを持ち出して撮っていると、青空の中をスイスイと赤とんぼが飛んで行った。それが飛び疲れて庭の千日紅に止まった。追いかけて撮って、戻ってみると、子供たちも疲れて家へ帰ったのだろう、いなくなっていた。

 

— 記述 m-tezuka at 04:41 pm   commentコメント [0] 

アキアカネ

「アキアカネ 飛び立ち戻る 同じ杭」
181020
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりに晴れて良い天気だ。水生植物園に行ってみる。ツリフネソウは終わりかけており、かわりにミゾソバが咲き始めていた。田んぼには役目の終えた案山子たちがまだ並んでいた。
 そんな風景を眺めていると、田んぼの周りの杭に赤とんぼが止まっている。近づくとパッと飛び立つがすぐに戻って元の位置に止まる。そんな動作を繰り返しながらかなり近づいて赤とんぼを撮った。

 

— 記述 m-tezuka at 06:51 pm   commentコメント [0] 

prev
2019.8
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
T:141 Y:246 Total:543144 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ