m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 昆虫 ]

ツマグロヒョウモン

「蝶々が ゆらりゆらりと コスモスへ」
171027
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりの快晴だ。野草園は11月になると閉じられるので、カメラを持って行ってみた。野草園の柵の外側は西日が当たって暖かい。そこにキバナコスモスが咲いていて、モンシロチョウがヒラヒラしているので撮影していると、疲れ気味のツマグロヒョウモンがゆらりゆらりと舞い降りた。

 

— 記述 m-tezuka at 04:51 pm   commentコメント [0] 

スズメガ

「ツリフネに 口を差し込む スズメガが」
171012
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も暑い。28度になるらしい。半袖で外へ出る。水生植物園に来てみるとあまり人がいない。これならじっくりと写真が撮れる。
 湿地帯には一面にツリフネソウが咲いており、その花の蜜を求めてスズメガが飛び回っている。空中にホバリングしながら花の中へくちばしを差し込んで蜜を吸うのだが、動きが素早く撮影が大変である。

 

— 記述 m-tezuka at 06:47 pm   commentコメント [0] 

ベニシジミ

「秋の庭 紅色見えた ベニシジミ」
171003
↑クリックすると拡大表示されます

 午後からよく晴れて暑くなった。外へ出てみると、庭のユリオプスデージーの黄色い花にシジミチョウが止まっていた。ベニシジミらしいが、羽を立てているので、表の紅色は確認できない。じっと待っていると、羽を半分開けた。すかさず撮影する。確かにベニシジミだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:19 pm   commentコメント [0] 

アゲハチョウ

「アゲハチョウ 花より団子 葉に止まる」
170623
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も梅雨の中休み、長い休暇中である。雨の降らない日は、モンシロチョウが庭にやってきて、花の無い小松菜の周りを飛び回っている。おそらく卵を産み付けているのであろう。
 と、2匹のアゲハチョウが飛んできて、黄色い花には目もくれず、緑色の葉っぱに止まった。やはり卵を産み付けているのであろうか。しかしニガウリの葉は虫に食われたことはなかった気がする。

 

— 記述 m-tezuka at 09:28 pm  

ユキノシタと蝶

「ユキノシタ ヒラヒラと舞い 蝶止まる」
170609
↑クリックすると拡大表示されます

 晴れて太陽の日差しは強いけれども、日陰に入ると涼しい風が吹き抜けていく。その日陰を選んで野草園に到達した。園内を歩くが目立ったものがない。出口の池に近づくとユキノシタが沢山咲いていた。ユキノシタは地味な花であるがこれだけ集まると目立ってくる。しかも白い蝶がヒラヒラと舞っていると余計に目立つ。蝶が花に止まったところでパチリと写す。

 

— 記述 m-tezuka at 08:20 pm  

prev
2018.7
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 
T:1085 Y:1336 Total:168541 Online:03
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ