m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 風景 ]

鮎壺の滝

「車降り 1分歩き 滝を見る」
190730
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はバス旅行で伊豆半島の付け根に行った。最初の訪問地が山梨県だったので中央道で行った。その後、東富士五湖道路を通って御殿場に出て東名高速で沼津まで行き、長泉町にある鮎壺の滝に行った。
 ここは日本で一番歩かないで見られる滝だそうで、JRの駅から5分歩けば見られるらしい。我々はバスを降りて1分も歩くと滝が見えた。遊歩道を歩きつり橋から眺めると滝の全貌が眺められる。晴れていれば富士山も見えるらしいが、今日は富士山は雲の中に隠れていた。

 

— 記述 m-tezuka at 10:51 pm   commentコメント [0] 

田んぼ

「地に空が 早苗植えたる 田んぼかな」
190611
↑クリックすると拡大表示されます

 梅雨も一休みということで、晴れ間が出た。今年初めて野草園へ行ってみようと出かけた。野草園の手前に田んぼがあって、早苗が植えてあった。そうだもうそんな時期なのだと、眺めると、田んぼの中に白い雲が映っていた。早速、向こうの住宅を入れて撮ってみた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:01 pm   commentコメント [0] 

みどりの日

「青空に 雲が流れる みどりの日」
190504
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はみどりの日で、神代植物公園は無料で入園できる日だ。天気も良いので、昼食後に行ってみた。途中の深大寺境内では3時からナンジャモンジャコンサートがあるそうで、既に椅子に座って待つ人が十数人いる。帰りにはここに寄ってみよう。
 5月8日からバラフェスタというのでバラ園に行ってみるがバラは全く咲いていない。正門近くのつつじは終わりかけていて美しくない。芝生広場では植物関連の店が出ていて見て回る。と、雲が広がってきて、ステージで琴の演奏が始まるころには、雷が鳴りだしたので帰ることにした。
 深大寺でコンサートを聴こうかなと椅子に腰を下ろす間もなく雨が降り出した。あわてて家に帰る。帰り着くと雨が一段と激しくなった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:30 pm   commentコメント [0] 

東京ミッドタウン

「五月晴れ 都心の空を 鯉が舞う」
190425
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は都心に絵を見に行く日だ。天気予報はあまり良くなかった.出がけに止んでいた雨も途中でパラパラと降って来た。美術館は駅直結でチョッと空直結になるが傘を差さずに美術館の中へ入ることができた。
 自分の部屋に飾っておきたいということを基準に見て廻るが、そんな絵はない。芸術とはそんなものではないということを感じた。
 外へ出ると晴れていたので、帰りは六本木から都営地下鉄大江戸線に初めて乗ることにして、歩いていると鯉のぼりを見つけた。こんなところに子供たちが来るのだろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 06:46 pm   commentコメント [0] 

野川の散歩

「菜の花の 川原を歩く 野川かな」
190407
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は空が霞んで正に春、桜の時期だ。陽気も丁度良く、野川の散歩に出かけた。いつもは堤の上を歩くのだが今日は河原へ下りて草の上を歩いてみた。
 目の高さに黄色い菜の花があり、その向こうに頭より高いところに桜並木が続いており、いつもとチョッと雰囲気が違う。ここを歩くのは今の時期が一番良い。

 

— 記述 m-tezuka at 07:00 pm   commentコメント [0] 

prev
2019.10
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
T:034 Y:097 Total:556522 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ