m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 風景 ]

水ぬるむ

「浅き春 飛石渡る 子らの声」
200325
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は風もなく穏やかに晴れて暖かい。東京も桜が満開になったそうで、この辺りはどうだろうと出かけてみた。
 先ず、野川に行ってみた。午前中なのでまだ花見客は少ないが、花は満開の木もあるが概ね5分咲きである。空も青く花見には一番いいころである。
 子供たちは花には興味がなく、飛び石伝いに川を渡っている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:20 pm   commentコメント [0] 

お花見

「青空と 団子があれば 花見かな」
200318
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は晴れて暖かくなったので、桜もだいぶ咲いているだろうと、野川へ行ってみた。しかし遠くから見ると全く咲いていない。開花宣言が出てから寒い日が続いたからだ。しかし川原には何組かの花見客がいる。天気が良いので、花は無くても、人が少なく、弁当を広げて花見気分に浸っているようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:34 pm   commentコメント [0] 

深大寺

「年の瀬や 暇人集う 深大寺」
191229
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は快晴で暖かくなった。深大寺は年越しの準備ができているのか見に行った。水生植物園は既に今年の営業は終了していた。深大寺の境内は縁起物を売る小屋はできていた。参道の屋台の割り付けはまだのようだ。
 参道の店には正月用品を売る店などないのに、人出は比較的多い。年越しの準備が完了した人達が来ているのだろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 06:38 pm   commentコメント [0] 

冬もみじ

「冬もみじ 午後の日差しに 映える色」
191214
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から快晴で暖かい。こんな暖かさだとまだ紅葉は残っているだろうと思い、カメラを持って出かけてみた。
 まず水生植物園へ入ってみた。入り口のもみじは葉が少し残っているが写真にならない。奥の方のは色あせて枯葉色だ。深大寺通りのもみじはちょうど見頃で、古風な塀との組み合わせが面白い。何枚か撮ってみる。
 深大寺を通り抜けて神代植物公園の深大寺門の前に来ると、蕎麦屋の前のもみじが見ごろになっていた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:23 pm   commentコメント [0] 

深大寺の紅葉

「もみじより 紅い振袖 深大寺」
191204
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から快晴である。おそらく深大寺は紅葉が見ごろになっているだろうと思い、出かけてみた。
 深大寺小学校の交差点から深大寺通りを下っていくと蕎麦屋のもみじが真っ赤に色づいていた。屋根を背景に真っ赤なもみじを撮る。
 深大寺東門のもみじが真っ赤に紅葉している。鐘楼を入れて紅葉を撮っていると、真っ赤な振袖のお嬢さんがやってきた。紅葉よりもそちらに目が行ってしまう。

 

— 記述 m-tezuka at 07:01 pm   commentコメント [0] 

prev
2020.6
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 
T:290 Y:727 Total:681133 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ