m-tezukaのデジカメ日記

初詣

「深大寺 静かに待つ人 初詣」
200101
↑クリックすると拡大表示されます

 朝早くは雲が多かったものの間もなく快晴になって暖かい元旦である。年賀状に目を通してから、深大寺へ初詣に行った。
 三鷹通りにはそれほど人通りが無く今年は混雑はないだろうと感じて、深大寺の参道に入っても屋台の周りにも人だかりは無く、楽に山門に着いた。山門の外まで人が並んでいるが例年より少ないので、一番後ろに並んで本堂へ向かう。ゆっくり進んで参拝する位置まで静かに待っている。

— 記述 m-tezuka at 08:26 pm   commentコメント [0] 

サクラソウ

「サクラソウ ついに咲いたよ 大晦日」
191231
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から暖かい。大晦日らしくない陽気だ。庭へ出てみると、鉢植えのサクラソウが一輪だけ花を咲かせている。正月には間に合わなおだろうと思っていたが、思いがけなく間に合ってしまった。今年は冬が暖かかったからだろうか。
 ピンク色の方が咲けばもっと良かった。

 

— 記述 m-tezuka at 04:15 pm   commentコメント [0] 

深大寺

「年の瀬や 暇人集う 深大寺」
191229
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は快晴で暖かくなった。深大寺は年越しの準備ができているのか見に行った。水生植物園は既に今年の営業は終了していた。深大寺の境内は縁起物を売る小屋はできていた。参道の屋台の割り付けはまだのようだ。
 参道の店には正月用品を売る店などないのに、人出は比較的多い。年越しの準備が完了した人達が来ているのだろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 06:38 pm   commentコメント [0] 

ウキツリボク

「冬空や ウキツリボクの 赤い花」
191225
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は曇りで寒い。こんな時には外出して写真を撮ろうという気持ちになれない。しかし日記も長いこと休んでいる。
 午後になると雲の切れ間から日が差した。その機会をとらえて家の周りで被写体を探す。結局見つけたのは年中咲いているウキツリボクだ。

 

— 記述 m-tezuka at 04:04 pm   commentコメント [0] 

冬もみじ

「冬もみじ 午後の日差しに 映える色」
191214
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から快晴で暖かい。こんな暖かさだとまだ紅葉は残っているだろうと思い、カメラを持って出かけてみた。
 まず水生植物園へ入ってみた。入り口のもみじは葉が少し残っているが写真にならない。奥の方のは色あせて枯葉色だ。深大寺通りのもみじはちょうど見頃で、古風な塀との組み合わせが面白い。何枚か撮ってみる。
 深大寺を通り抜けて神代植物公園の深大寺門の前に来ると、蕎麦屋の前のもみじが見ごろになっていた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:23 pm   commentコメント [0] 

prev
2020.5
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 
T:292 Y:1094 Total:674413 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ