m-tezukaのデジカメ日記

ハナムグリ

「ハナムグリ 潜れぬ花は フジバカマ」
231003
↑クリックすると拡大表示される

 10月になったら急に涼しくなって秋を感じる。そこで野草園へ行ってみた。野草園の手前の田んぼでは稲刈りが始まっていて秋らしい風景になっている。
 野草園の中は夏が終わって秋の花になっているが花少ない感じだ。ホトトギスが咲いているが痩せ気味だ。萩は終わっているのか花がちらほらある程度だ。フジバカマの花にハナムグリが潜り込もうとしている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:33 pm   commentコメント [0] 

オオスカシバ

「スズメガの 空中給油 百日草」
230924
↑クリックすると拡大表示される

 今日は少し涼しくなった。庭に出て花を撮影していると、スズメガが飛んできた。「花に止まってくれ」と祈るがそんな気配は全くない。くちばしを花に突っ込んで蜜を吸うとさっと飛び去る。そんなことでなかなか写真が撮れない。
 やっと撮れたのがこの一枚。

 

— 記述 m-tezuka at 09:53 pm   commentコメント [0] 

彼岸花

「暑くても 時期を忘れぬ 彼岸花」
230920
↑クリックすると拡大表示される

 今年は残暑が厳しい。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、彼岸まで暑い。外に出たくないが、曇っているので彼岸花探しに水生植物園へ行ってみた。
 水生植物園の田んぼの堤に彼岸花が咲くのだが、日当たりの良い堤には蕾がつんつんと伸びているだけで花の気配はない。9月の暑い日差しにさらされて季節が狂ってしまったようだ。  しかし木陰には彼岸花が咲いている。ここは土がそれほど暑くはならなかったようだ。季節通り彼岸の入りに咲いている。

 

— 記述 m-tezuka at 08:17 pm   commentコメント [0] 

緑のもみじ

「そば処 未だ緑の もみじのみ」
230914
↑クリックすると拡大表示される

 今日も夕方になって散歩に出かけた。9月も半ばというのに暑くて日の高いうちは外に出られない。ということで散歩は夕方にならざるを得ない。
 ひと気のない深大寺の参道に夕日が差し込んで、ちょっと霞んだ感じがする風景だ。蕎麦屋の前のもみじはまだ緑色だが、真っ赤になったもみじを想像しながら写真に撮る。

 

— 記述 m-tezuka at 09:34 pm   commentコメント [0] 

キンミズヒキ

「水生園 キンミズヒキの 散歩道」
230907
↑クリックすると拡大表示される

 今日は久しぶりに涼しいので、午後写真撮影に出かけた。先ずは、野草園に行った。キレンゲショウマを期待して行ったが見つけられなかった。
 水生植物園へ行った。最近ここはあまり手入れされていない。湿地帯にはアシが茂ってほかの植物を押しのけている、ミソハギなどは見る影もない。奥の方にキンミズヒキはまだあった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:29 pm   commentコメント [0] 

prev
2024.7
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
T:63430 Y:37633 Total:1895988 Online:429
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ