m-tezukaのデジカメ日記

春菊咲いた

「春菊よ 食べ残してや 花ぞ咲く」
190511
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暑くなった。紫外線も強そうだ。外出せずに庭で被写体を探す。見つけたのは春菊の花だ。収穫せずに残しておいた春菊が花を咲かせている。名前の通り菊の花だ。そんな花を撮ってみた。
 野菜ももちろん子孫を残すために種を作る。そのため花を咲かせるが、鑑賞に堪える花は少ない。そんな中でこの春菊の花は鑑賞に堪える花の一つだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:36 pm   commentコメント [0] 

みどりの日

「青空に 雲が流れる みどりの日」
190504
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はみどりの日で、神代植物公園は無料で入園できる日だ。天気も良いので、昼食後に行ってみた。途中の深大寺境内では3時からナンジャモンジャコンサートがあるそうで、既に椅子に座って待つ人が十数人いる。帰りにはここに寄ってみよう。
 5月8日からバラフェスタというのでバラ園に行ってみるがバラは全く咲いていない。正門近くのつつじは終わりかけていて美しくない。芝生広場では植物関連の店が出ていて見て回る。と、雲が広がってきて、ステージで琴の演奏が始まるころには、雷が鳴りだしたので帰ることにした。
 深大寺でコンサートを聴こうかなと椅子に腰を下ろす間もなく雨が降り出した。あわてて家に帰る。帰り着くと雨が一段と激しくなった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:30 pm   commentコメント [0] 

ナンジャモンジャ

「青空や なんじゃもんじゃを 撮って見る」
190503
↑クリックすると拡大表示されます

 十連休も半分以上過ぎた。今日を含めてまだ4日もある。ということで、連休中はじめて深大寺へ行ってみた。今日は天気が良いのでいつもの休日より賑やかだ。
 今日は特別な催し物はないけれど、ナンジャモンジャの木の下に人が集まって、花を撮っている。そしてすぐに撮れ具合を確認して、またカメラやスマホを構えている。

 

— 記述 m-tezuka at 06:42 pm   commentコメント [0] 

平成最後の日

「平成を 名残惜しむか 4月雨」
190430
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は平成最後の日である。テレビは朝から平成を振り返る番組を流している。雨が降っているので外へ出られずそんな番組を眺めている。
 テレビも見飽きたので、カメラに望遠レンズを付けて家の中から庭の草花を狙ってみる。ピンクのオダマキが目についた。背景は今一番勢力のあるノースポールだ。

 

— 記述 m-tezuka at 04:11 pm   commentコメント [0] 

東京ミッドタウン

「五月晴れ 都心の空を 鯉が舞う」
190425
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は都心に絵を見に行く日だ。天気予報はあまり良くなかった.出がけに止んでいた雨も途中でパラパラと降って来た。美術館は駅直結でチョッと空直結になるが傘を差さずに美術館の中へ入ることができた。
 自分の部屋に飾っておきたいということを基準に見て廻るが、そんな絵はない。芸術とはそんなものではないということを感じた。
 外へ出ると晴れていたので、帰りは六本木から都営地下鉄大江戸線に初めて乗ることにして、歩いていると鯉のぼりを見つけた。こんなところに子供たちが来るのだろうか。

 

— 記述 m-tezuka at 06:46 pm   commentコメント [0] 

prev
2019.10
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
T:013 Y:177 Total:557287 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ