m-tezukaのデジカメ日記

シュンラン

「足元に シュンランが咲き 薄日差す」
180318
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は春らしく少し霞んだ空だ。風もなく暖かいので春を探しに少し足をのばして植物多様性センターまで行ってみた。
 梅畑の向こうに福寿草が咲いている。しかし葉が伸びた枝の先に黄色い花をつけているので、菊のようで福寿草らしからぬ姿である。だれもカメラを向けていない。しかし福寿草としては、葉も茂り花もたくさん咲いて今が最盛期であろう。私も全くカメラを向けずに通り過ぎる。
 池のほとりでシュンランを見つけた。これは今が旬である。

 

— 記述 m-tezuka at 06:54 pm  

この記事に対するコメントはありません

prev
2019.5
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
T:181 Y:134 Total:510133 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ