m-tezukaのデジカメ日記

[ Tags :: 野草園 ]

ツマグロヒョウモン

「蝶々が ゆらりゆらりと コスモスへ」
171027
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりの快晴だ。野草園は11月になると閉じられるので、カメラを持って行ってみた。野草園の柵の外側は西日が当たって暖かい。そこにキバナコスモスが咲いていて、モンシロチョウがヒラヒラしているので撮影していると、疲れ気味のツマグロヒョウモンがゆらりゆらりと舞い降りた。

 

— 記述 m-tezuka at 04:51 pm   commentコメント [0] 

オミナエシ

「オミナエシ 蝶を飲み込む 黄色かな」
170823
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに猛暑日になるという予報の割りにはそれほどでもないので、写真を撮りに出かけた。先ずは、野草園へ行ってみた。日陰を歩いていると風が吹いて気持ちが良い。
 柵の外から中に咲く女郎花の黄色が目を引く。草花は「もう秋が来たよ」と告げている。中に入って真っすぐに女郎花のところに行って写真を撮る。イチモンジセセリが飛んできて花に止まった。黄色に染まりそうだ。

 

— 記述 m-tezuka at 06:41 pm   commentコメント [0] 

キツネノカミソリ

「野草園 キツネ色した 葉なし花」
170813
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も午後になったら太陽が出てきたので、久しぶりにカメラを持って出かけた。先ずは、野草園に行ってみた。
 野草園の作の外側に、キツネ色した花が咲いている。キツネノカミソリだ。この花は彼岸花と一緒で、葉が無いのに地中から茎が出て花が咲く。だから葉が茂っているのを見ても誰もこれがキツネノカミソリだと気付かない。実は、この葉っぱがカミソリのような形状をしていることと花の色がキツネ色であることが名前の由来である。そんなに大事な花と葉なのに、一緒に見ることができないのは残念であるし、この花がなぜキツネノカミソリなのかも想像できない。

 

— 記述 m-tezuka at 06:32 pm   commentコメント [0] 

シナノアキギリ

「上向いた シナノアキギリ 蛇に似て」
170728
↑クリックすると拡大表示されます

 天気予報では曇りだったが、太陽が出て暑くなった。昨日は涼しかったが、その反動で今日は一層暑い。湿度が高く蒸し暑い。
 しばらく撮影に出かけていなかったので、カメラを持って出かけてみた。先ずは野草園へ行ってみた。柵の外にあるハクチョウソウはまだ咲いている。ずいぶん長く咲いている。これは前回掲載しているので撮影せず中の入る。ウバユリが咲いているので撮影するがあまりきれいではない。
 奥の方に行くとシナノアキギリが咲いていた。ほとんどの花は下か横を向いて咲いている中で、一つだけ上を向いて咲いている花があった。蛇が鎌首を持ち上げて口を開けている様子に似ていた。今日はこれにしておこう。

 

— 記述 m-tezuka at 06:35 pm   commentコメント [0] 

ハクチョウソウ

「梅雨明けた ハクチョウソウも うれしそう」
170719
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日久しぶりに雨が降って、今朝は少し涼しい。ラジオで「梅雨が明けた」と言っている。今年の梅雨は空梅雨だった。
 今日は猛暑ではないので、カメラを持って出かけてみた。野草園の前まで行くと、囲いの外にハクチョウソウが咲いている。白鳥ではない、白蝶である。
 あっちを向いたりこっちを向いたり、白い蝶が梅雨が明けたのを喜んでいるようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:21 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 
T:387 Y:591 Total:65697 Online:04
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ