m-tezukaのデジカメ日記

ナンバンギセル

「みつけたり ナンバンギセル 藪の中」
170908
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに晴れたので、カメラを持って出かけた。野草園に向かうと、途中の田んぼでは稲が実のって穂を垂れていた。色は黄金色ではなく茶色っぽい色で写真映えはしない。
 野草園の中に入ってみると早くも彼岸花が咲いている。ちょっと季節外れなので撮らない。オミナエシやオトコエシがまだ咲いている。カリガネソウも咲いていた。
 外へ出て中央道の下をくぐり芝生広場に出ると、ススキの茂みがある。ナンバンギセルが毎年咲いているのを思い出してススキをかき分けるといつも通り紫の花が咲いていた。

 

— 記述 m-tezuka at 08:01 pm  

この記事に対するコメントはありません

prev
2018.10
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
T:131 Y:1217 Total:263537 Online:05
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ