関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

[ Tags :: WBC ]

原監督は勝負師だった

WBCは日本の連覇で終わった。韓国の意地にチョッと助けれれた感はするけれど。
 
 藤川を抑えから外しダルビッシュを使った決断は勝負師である証拠だ。
 
 短期決戦なのに“失敗を取り戻させてやろう”などという選手教育をやっていた北京五輪日本代表の星野前監督ではとてもまねできないことであろう。
 しかし、原監督ががこの失敗から学んだとすれば星野前監督もWBC2連覇に貢献したことになる。

 

— 記述 m-tezuka at 02:20 pm   pingトラックバック [0]

WBC韓国チームは立派だった

今日のWBC決勝戦、韓国チームの采配は立派だった。
 
 延長10回表2アウトランナー2・3塁という場面でバッターのイチローと勝負に出た。
 
 日本では野球は確率のスポーツという考えから、このケースではバッターが誰であれ塁を全て埋めてホースプレイでアウトを取れる状況にするのが常識である。
 
 しかし韓国にとっては「イチローとの勝負を逃げる」ということはプライドが許さないのであろう。そんなことをして勝っても「逃げた」という屈辱感がいつまでもつきまとう。
 
 この場面を見て古い話を思い出してしまった。松井秀樹が高校時代にランナーがいないのに全打席敬遠されたという話である。日本では教育の一環として行う高校野球でさえ「勝つためなら何でもやる」というプライドの無い監督がいる。
 
 それに比べて今回は勝負に勝たなければ意味が無いWBCの決勝戦でさえ、プライドを捨てない韓国はすごい。
 
 

 

— 記述 m-tezuka at 09:59 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:231 Y:183 Total:161693 Online:02
m-tezukaのホームページ