関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

何故差別は無くならないか

12月4日~10日が人権週間だそうである。
 
 ということを、新聞と一緒に配られて来た東京都の広報誌で知った。
 
 その中に「食肉市場・と場で働く人々への差別や偏見」というのが掲載されていた。それによると
食肉市場・と場では、私たちの暮らしに欠かすことのできない食肉や内臓、皮などを生産していますが、その仕事がマスメディア等で、残酷さや非情さの比喩として使われたり、ここで働いているというだけで、本人や家族に、結婚や就職などで差別が起きています。
と親切に説明が書いてあり、食肉市場・と場で働く人々に対する差別があるということを始めて知った。(その他、沢山の差別をPRしていた。)
 
 昔、会社へ入った時も、「同和問題」に対する教育があって、迂闊にもそれまで知らなかったのだが、部落出身者に対する差別があることを知って、誰が部落出身者だろうと興味が湧いたのを思い出した。
 
 差別を知らなかったり忘れていたりしても、このように特別に週間を設けてキャンペーンを実施されると、「このような差別もあるんだ」と意識してしまう。ゆえに差別が無くならないのだと思う。

— 記述 m-tezuka at 09:46 pm   pingトラックバック [0]

この記事に対するコメントはありません

prev
2018.8
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:067 Y:097 Total:138092 Online:01
m-tezukaのホームページ