関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

[ カテゴリー » ニュース ]

極めて日本的な出来事

 高崎山のサルの赤ちゃんに「シャーロット」と名付けた問題。「王室に対して失礼だ」と抗議が殺到した。これは他人の気持ちを慮って行動を自制する、極めて日本的な対応で奥ゆかしいものである
 これに対して、大分市は大分県を通じて在日英国大使館の意見を聞く方針を決めたそうである。そんなことを聞いたらだめというはずはないのに、行政が責任を取りたくないためのやり方で、これも極めて日本的である。
 日本人の奥ゆかしさからすれば「シャーロット」を撤回すべきであるが、撤回すれば大分市はその名前の応募者に説明ができないので、撤回しない方策を考えたのである。

 

— 記述 m-tezuka at 07:48 pm  

アベノムジュン

 安倍首相が突然靖国神社を参拝した。これに対してアメリカは即座に「失望」を表明した。当然である。靖国神社にはアメリカが主導した東京裁判でA級戦犯とされた人達が祀られている。それに対して首相として尊崇の念を表すというのは、東京裁判を否定することであり、ひいてはアメリカを否定することである。アメリカは最も重要な同盟国という発言と矛盾する。

 A級戦犯も国のために戦った英霊だとの思いだろうが、国際的には通用しない。外国の要人は誰も靖国神社に献花しないことからもわかるだろう。自分の思いを貫いて国を危うくしている。首相の器ではない。竹島に上陸した韓国の大統領と同じレベルだ。

— 記述 m-tezuka at 10:37 pm  

田中角栄は売国奴と野中が証言

中国との国交正常化の折、田中角栄と周恩来の間で「尖閣諸島の領有権を棚上げしよう」とう約束があった、と野中広務が中国で証言した。
 
 これは、「尖閣諸島は本来日本のものであるが、領土問題が存在すると認めれば尖閣諸島を半分中国に売ったことになり国交正常化が出来る。」と田中角栄が考えたことだと言ったものである。
 言い換えれば、「田中角栄は、尖閣諸島を半分中国に売って国交正常化を買った。」と証言したことである。
 
 野中も、もうろくしたものである。それとも田中を大嫌いだったのか。

— 記述 m-tezuka at 11:42 am   pingトラックバック [0]

歴史認識と現状認識

韓国の大統領がまた「歴史認識」と叫んだ。
 
 これは、日本人に対して水戸黄門の「葵の印籠」と同じ効果があり、政治家もマスコミも頭を下げて黙り込んでしまう。
 
 日本は過去において他国を侵略した。これは事実である。世界史は侵略の歴史でもある。侵略のない世界は無い。過去の侵略は歴史であるが、現在進行形の侵略こそが問題視すべきものである。
 
 韓国の竹島侵略は現在進行形である。「歴史認識」と言われたら「現状認識」と言い返す政治家やマスコミの登場が待たれる。

 

— 記述 m-tezuka at 01:48 pm   pingトラックバック [0]

紺屋の白袴

 福島原発で再び停電により原子炉燃料プールの冷却がストップした。電気は売るほどあるので予備電源やバッテリーを用意していないというお粗末。
 3.11を経験してもこんな体たらく。東電に本当の技術者はいるのか。

 

— 記述 m-tezuka at 09:58 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.1
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:022 Y:344 Total:108747 Online:01
m-tezukaのホームページ