m-tezukaのデジカメ日記

ヒメアカタテハ

「秋風や ヒメアカタテハ 蜜を吸う」
180818
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も秋の空気で、さわやかだ。庭の千日紅に、いつも通り、イチモンジセセリが群がっている。そんな中に少し大きい蝶が舞い降りて蜜を吸い始めた。タテハチョウだ。さっそくカメラを持ってきて撮影する。よく見ると羽が破れている。秋の蝶は哀れである。

 

— 記述 m-tezuka at 06:33 pm   commentコメント [0] 

シラヤマギク

「木漏れ日に シラヤマギクが 揺れている」
180817
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は、天気予報通り、さわやかな秋の空気だ。カメラを持って、さわやかな風に吹かれて野草園へ行ってみた。しかし日差しは夏だ。風が止むと暑い。
 野草園の中は夏の花が終わって秋の花に代わっていた。オミナエシ、キツネノカミソリ、シラヤマギクなどがあちこちに咲いていた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:51 pm   commentコメント [0] 

ニガウリの花

「まだ暑い ニガウリの花 未だ咲く」
180815
↑クリックすると拡大表示されます

 立秋が過ぎたのにまだ暑い。家庭菜園のキュウリは夏バテで枯れてしまったけれども、緑のカーテンにしているニガウリは元気だ。一通り実が生って撮り終えたが、また新しい枝に雌花が咲いて新しい実ができ掛かっている。
 ニガウリは暑さに強い野菜だ。今年は早くから暑くてキュウリは8月に入るとほとんど枯れてしまったが、ニガウリは元気でグリーンカーテンの役割を十分果たしている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:19 pm   commentコメント [0] 

ノウゼンカズラ

「木の陰に ノウゼンカズラ 光ってる」
180810
↑クリックすると拡大表示されます

 暑かったり台風が来たりで外歩きに出ていなかったが、今日も暑いけれども,久しぶりにカメラを持って出かけた。
 野草園に行ってみるとナツズイセンやユリは花が萎れていて、それに匹敵するほどの派手な花は見当たらない。あちこち花を探していると、木の下の少し暗いところに朱色の花が日光を受けて光っていた。ノウゼンカズラだ。今日はこれにしよう。

 

— 記述 m-tezuka at 08:08 pm   commentコメント [0] 

冬瓜の花

「ウリ終わり 冬瓜咲いた 暑い夏」
180806
↑クリックすると拡大表示されます

 家庭菜園のキュウリが枯れてしまった。そのかわり、種を蒔いてもいない冬瓜が、キュウリのネットを我が物顔で占領している。今日は雌花も咲いた。明日咲きそうな雌花が2つもある。正に冬瓜ネットに変わってしまった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:49 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.8
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 
T:392 Y:850 Total:198383 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ