関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

またもやデタラ目委員長の無責任発言

 原子力安全委員会の斑目委員長が、「再稼働の是非は政府が判断する。安全委は判断しない」と述べたようだ。
 
 いったい原子力安全委員会って何をやるところなのか。「この原子力発電所は安全だよ」とお墨付きを出す所じゃないんですか?この委員会の安全宣言を受けて政府が再開を指示するという仕組みになっているはずだ。無責任にも程がある。こんな人にも税金で委員長の給料を払っているんだろうな。腹が立つ。
 
 って未だ居たの、この委員長。原発事故の責任を取ってやめなかったのか。それも無責任。

— 記述 m-tezuka at 01:49 pm   pingトラックバック [0]

自転車ナビマークは変だ

mark
2月6日読売新聞夕刊の写真をコピー

自転車ナビマークが制定されたという記事が昨日の夕刊に掲載されていた。またテレビでも放映されていた。
 
 そのテレビを見ていてビックリ!!道路の左側を自転車がこちらに向かって走ってくる(すなわち道路の右側を走っている)マークである。矢印は向こうに向いているが自転車はハンドルとランプが見えてこちらを向いている。
 
 これでは間違えて右側を走ってしまう人が現れて事故の元である。なんでこんなマークにしたんだろう。単に自転車の文字と矢印で十分だ。こんないい加減なマークにも誰かにデザイン料を払っているんだろうな。

— 記述 m-tezuka at 11:19 am   pingトラックバック [0]

SPEEDIは使わない

 今回の福島原発事故で、放射性物質の拡散を的確に予測したにも拘らず、予測結果を公表しなかったために避難した地域がより高い放射能に汚染されていたという結果になってしまったという、「SPEEDI(放射性物質拡散予測システム)」。
 
 政府は、結局このシステムは、「放射性物質が放出された時間と量が分からなければ単なる風向の予測と変わらない」という理由で、原発事故の非難の判断には使わないと決めたそうである。
 
 このシステムの開発と維持に130億円以上が投入されているのにこんなことを決めたのは、今回の福島原発事故での対応を正当化するための言い訳であろう。
 「放射性物質が放出された時間と量が分からない」というのは、事故が発生しているのだから推定で入力するしかないということは開発当初から分かっていることで、今回も推定値で予測しかなり的確な予測をしている。
 
 おそらくSPEEDIですばやく予測して、こんなに遠方でも高濃度で汚染されてしまうというのが国民に分かると、政府の対応が間に合わず混乱を招くという理由ではないか。実測したデータをもとに判断するということは、政府にSPEEDIを使いこなすほどのすばやい対応能力が無いということであろう。

— 記述 m-tezuka at 09:52 am   pingトラックバック [0]

センター試験と新聞

 センター試験が始ると新聞を見るのがいやになる。それは新聞が、センター試験の問題と解答に占拠されてしまうからだ。昨日は10ページ、今日は5ページに亘って問題と解答が掲載されていた。
 センター試験を受けるような若者が、今どき新聞を読んでいるだろうか。インターネットで検索すればすぐに得られる状況でわざわざこの日だけ新聞を広げるということがあるのだろうか。
 結局2日間で15ページの新聞がほとんど読まれずにゴミになってしまっただろうと想像すると、新聞社ってずいぶん無駄なことをするものだと、あきれてしまう。

— 記述 m-tezuka at 11:07 pm   pingトラックバック [0]

2012年年賀状


— 記述 m-tezuka at 12:01 am   pingトラックバック [0]

prev
2018.6
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:049 Y:174 Total:129701 Online:05
m-tezukaのホームページ