m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 昆虫 ]

ツマグロヒョウモン

「雨やんで 蝶がひらひら 飛んできた」
140629
↑クリックすると拡大表示されます

 午後は、時々雨が降る不安定な天気である。庭を見ると蝶がひらひら飛んでいる。最近あまり外に写真撮影に出かけていないので、これを日記の題材にしよう、と撮影する。

 

— 記述 m-tezuka at 11:03 pm  

ツマグロヒョウモン

「暑い夏 蝶も疲れて 羽破れ」
130828
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は昨日より少し暑くなったが、快晴で爽やかな風が吹きぬけていく。そんな中を、久しぶりに植物多様性センターまで歩いた。
 しばらくぶりに来てみると、移植された植物がしっかりと土に定着して昔からそこに存在していたかのような様子を見せているのに驚かされた。
 大島ゾーンでは砂浜に見立てた砂地にハマアザミが定着していて、もう少し早く来ていれば花が見られたのに、ほとんどが咲き終わっていた。わずかに残った1輪の花にチョッとくたびれたツマグロヒョウモンがしがみついていた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:49 pm   pingトラックバック [0]

コノシメトンボ

「赤とんぼ メスはなぜなの 赤くない」
130822
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も3時を過ぎてから散歩に出る。建物の影が長くなり日差しを遮って歩きやすい。野草園に近づくとジージーというアブラゼミの声に混じってツクツクホウシの泣き声が聞こえる。この声を聞くと夏の終わりだと感じる。
 野草園の中はオミナエシやオトコエシなど、秋の花が咲いている。奥の木陰にトンボが止まっている。シオカラトンボかなと思ったが羽の先端が黒い。珍しいなと思って近づいて撮る。
 家に帰ってから調べると、コノシメトンボという赤とんぼのメスらしい。

 

— 記述 m-tezuka at 07:32 pm   pingトラックバック [0]

ヤマトシジミ

「カスミソウ 大きく見える シジミチョウ」
130812
↑クリックすると拡大表示されます

 土曜日、日曜日と猛烈に暑かった。昨日は午後から激しい雷雨で雷が激しくまるで戦場にいるような爆裂音が鳴り響いた。(戦場に居たことは無いけれど)
 今日も午後から雷雨だと言う。こんな暑い日は外に出られないので、庭を眺めていると小さなチョウチョがやって来た。そして昨日の雷雨で痛めつけられた小さなカスミソウの花に止まった。写真に撮ってみると小さなカスミソウが大きく見える。

 

— 記述 m-tezuka at 10:24 pm   pingトラックバック [0]

クマバチ

「クマバチが 花から花へと ワープする」
130804
↑クリックすると拡大表示されます

 外へ出てみると、太陽が出ていて暑いが、風があって思ったよりも涼しい。これなら散歩に出かけられそうだと、カメラを持って出かけた。
 今日は、野草園は休園のはずだからと、水生植物園へ直行する。入り口を入ったところの湿地帯を見渡せる場所は、木陰があって風が吹き抜けて気持ちが良い。しばらく立ち止まって歩いてきた熱を冷ます。
 木道を歩いていくとミソハギの花にクマバチが集まっている。写真を撮ろうとファインダーを覗くとピントを合わせる前にフッといなくなってしまう。とにかくシャッターを押す。

 

— 記述 m-tezuka at 07:49 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.10
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
T:981 Y:1409 Total:265796 Online:08
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ