m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 昆虫 ]

オンブバッタ

「オスたちが 争っている メスの背で」
111010
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は天気が良いが、風邪気味なので家で休養だ。庭に出てみるとシジミ蝶が花に止まっていた。写真に撮ろうと家に入ってカメラを取ってくると蝶はいなくなっていた。
 しばらく待っても蝶は戻ってこないので、何か撮るものはないかと探すと、オンブバッタが目に入った。今日はこれにしておこう。

— 記述 m-tezuka at 08:17 pm   pingトラックバック [0]

ベニシジミ

「秋になり 元気が無いね チョウチョさん」
111008
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も深大寺小学校の南側の坂を下って行くが、金木犀の香りはしない。元三大師堂の前には金木犀の木があって微かに香りが漂っていた。昔は木の下が黄色くなるほど花が咲いたのにこの頃は花が少ない。七五三詣りの親子が歩いている。未だ十月だ。
 水生植物園に行くと、野菊が咲いていた。蝶々が花に止まってジッとしている。あまり動かないので撮り易い。が、同じ写真ばかりだ。

 

— 記述 m-tezuka at 08:36 pm   pingトラックバック [0]

アゲハチョウ

「彼岸花 ふらりふらりと アゲハチョウ」
111002
↑クリックすると拡大表示されます

 朝は曇っていたが午後になると太陽が出てきたので、散歩に出かけた。
 深大寺通りを下っていくとどこからとも無く良い香りがしてくる。あちこち見回すと石垣の上に金木犀の木があった。香りがしなければ誰も気がつかない地味な花が咲いていた。
 坂を下りきったところが水生植物園の入り口である。園内に入って左側の小道に入っていくと、まだ見頃を続けている彼岸花が道に沿って咲いている。
 彼岸花は既に日記に登場しているので花を撮るつもりは無く眺めていると、アゲハチョウがふらふらと飛んできて花にしがみついた。今日は寒くて蝶も元気が無い。

 

— 記述 m-tezuka at 07:49 pm   pingトラックバック [0]

ハラナガツチバチ

「ハチ来れば 蝶が逃げ出す 花の上」
110928
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は爽やかな秋晴れである。こんな日は家にジッとしていられずカメラを持って出かけた。
 先ずは野草園へ行ってみる。せっかく行ったのにあまり花が無い。ぐるりと回って最後に池のほとりに行ってみると、ベンケイソウが咲いていた。あちらから見たりこちらから見たり、良いアングルを探していると蝶がひらひらと舞い降りてきた。これはチャンスとカメラを構えるとハチが飛んできて花に止まった。蝶はどこかへ飛んでいってしまった。

 

— 記述 m-tezuka at 07:47 pm   pingトラックバック [0]

ツマグロヒョウモン

「蝶もまた 男が追うは 女です」
110925
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は雲は多いが風は秋らしく散歩日和である。水生植物園に行ってみると、爽やかな空気に誘われた人々が、あちこちに散歩している。
 彼岸花を期待して東側の散歩道を行くと、数人がカメラを構えている。しかしほとんどがツンツンと蕾が出た状態で、花はあちらに2個こちらに3個と、まだ咲き始めたばかりである。
 西側の散歩道に回ると、ヒヨドリバナに蝶が何匹か集まっている。ツマグロヒョウモンの2匹の雄が1匹の雌を追いかけている。雄と雌が1匹ずつファインダーに入ったところでシャッターを押す。雌は羽を立てていたので見え難い。

 

— 記述 m-tezuka at 09:35 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
T:588 Y:1425 Total:346465 Online:02
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ