m-tezukaのデジカメ日記

[ Tags :: 植物多様性センター ]

ナンバンギセル

「手で払う ススキの根元 キセル咲く」
180919
↑クリックすると拡大表示されます

 一昨日行った 植物多様性センターにナンバンギセルが咲いていたので、野草園近くの原っぱにも咲いているはずだと行ってみた。しかし、ススキが茂り過ぎて少し葉をかき分けた程度では見つけられない。あきらめて 植物多様性センターへ行った。
 ここはススキがたくさんあってナンバンギセルもたくさんあるが、最盛期を過ぎて萎れた花が多く、きれいな花を探すのが大変だった。来年はもう少し早く来てみよう。

 

— 記述 m-tezuka at 09:36 pm   commentコメント [0] 

ドクダミ

「ドクダミが 土筆に見える 不思議かな」
180522
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は晴れて暑い。しかし蒸し暑くはないので散歩に出かけた。水生植物園に行ってみる。花菖蒲が咲きだしているが、まだ写真にするほどには咲いていない。その他にはドクダミが白い花をつけている程度だ。
 久しぶりに植物多様性センターへ行ってみた。ハマヒルガオが咲いていたが花が少なくチョッと寂しい。あちこちにドクダミが咲いているので、今日はドクダミの写真にしよう、とちょっと横から撮ってみると、雄しべが土筆のように見えた。

 

— 記述 m-tezuka at 09:40 pm   commentコメント [0] 

シュンラン

「足元に シュンランが咲き 薄日差す」
180318
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は春らしく少し霞んだ空だ。風もなく暖かいので春を探しに少し足をのばして植物多様性センターまで行ってみた。
 梅畑の向こうに福寿草が咲いている。しかし葉が伸びた枝の先に黄色い花をつけているので、菊のようで福寿草らしからぬ姿である。だれもカメラを向けていない。しかし福寿草としては、葉も茂り花もたくさん咲いて今が最盛期であろう。私も全くカメラを向けずに通り過ぎる。
 池のほとりでシュンランを見つけた。これは今が旬である。

 

— 記述 m-tezuka at 06:54 pm   commentコメント [0] 

セツブンソウ

「節分に セツブンソウが 間に合わず」
180217a
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も良く晴れている。カメラを持って出かけた。水生植物園をちょっと覗いて、深大寺を通り過ぎて植物多様性センターまでやって来た。
 福寿草は満開を少し過ぎているので写欲をそそらない。通り過ぎて芝生広場に行くと黄色いクロッカスが花だけを開いている。まだ2輪なのでチョッと撮影して次の被写体を探す。池から続く細道をゆっくり歩いていくと白い花に出会った。時期遅れのセツブンソウだ。今日の写真はこれにしよう。

 

— 記述 m-tezuka at 09:42 pm   commentコメント [0] 

ユキワリイチゲ

「晴れた空 ユキワリイチゲ 花開く」
180207
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は快晴である。カメラを持って散歩に出かけた。行先は植物多様性センターにし、途中、深大寺を通ると休んでいる店もあり人ではちょっと少なめだ。
 植物多様性センターに入り被写体を探して歩く。福寿草は先日撮影したので素通りし、芝生の中に何か花の気配がないか探すが見つからない。
 モミジの木の下で小さな花を撮影している人がいた。近づいて見るとユキワリイチゲだ。今日は良く晴れているので花がきれいに開いていた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:55 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
T:449 Y:1140 Total:231176 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ