m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 植物 ]

銀杏の黄葉

「見上げると 幹の先には 黄金色」
081203
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりに風も無く暖かい。散歩には絶好の陽気である。
 深大寺界隈は今が紅葉真っ盛り、木の葉がいろいろな色に染まって美しい。今日は神代植物公園の外の南側の崖の上の狭い雑木林に行ってみた。ここは狭いところに木が密集しているので上へ上へと伸びて紅葉も頭の上にある。撮影していると首が痛くなった。

— 記述 m-tezuka at 08:12 pm   pingトラックバック [0]

深大寺の紅葉

「紅葉は いよいよ赤の 出番です」
081129
↑クリックすると拡大表示されます

 風も無く穏やかに晴れて気持ちが良い。こんな日は散歩に限ると、いつものコースを辿る。
 深大寺通りを歩いていくと、色付き始めているもみじに出会う。深大寺門前のもみじも色付き始めた。境内のもみじは真っ赤である。
 赤いもみじが出てくると紅葉も本番である。

— 記述 m-tezuka at 07:57 pm   pingトラックバック [0]

ナンジャモンジャ

「これなんじゃ 秋は黄色で 驚かす」
081125
↑クリックすると拡大表示されます

 紅葉はどこまで進んでいるかと気になってカメラを持って出かけた。が、深大寺通りに人影が見えない。そうか、今日は火曜日だが休日の翌日なので神代植物公園が休園日で店も休みだ。
 門前の店は休んでいても深大寺はいつでも入れる。境内に入ると黄金色に輝く木が一本。春は真っ白い花に覆われていたナンジャモンジャだ。

— 記述 m-tezuka at 08:03 pm   pingトラックバック [0]

ムクロジ

「青い空 黄色い葉っぱ ムクロジさ」
081119
↑クリックすると拡大表示されます

 今日から寒くなると、数日前から天気予報が伝えているので少し身構えていたのだけれども、日差しが暖かくそれほど寒さを感じず、確かに空気は少し冷たいので、かえって外を歩くには気持ちの良い日である。
 深大寺行ってみると、数日前まではまだらに黄葉していた本堂の前のムクロジが、今日の冷え込みで全体が黄色になって目立っている。そんな木を見上げながら、「これ、何の木?きれいだね!」「ムクロジだよ。」「へー、よく知ってるね!」「幹に名前が書いてあるよ。」

— 記述 m-tezuka at 08:05 pm   pingトラックバック [0]

紅葉の季節始まる

「先ず黄色 もみじの季節 始まった」
081105
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日の天気予報では今日は朝から晴れだったのに、曇っていてがっかり。
 しかし午後になると雲が消えて快晴になった。早速深大寺界隈へ出かけた。今、寺は山門付近の工事中でそこからは入れない。西側の門から入ると黄色い葉っぱが目に飛び込んできた。ムクロジの木の葉が太陽の光を受けて黄色に輝いていた。
 この辺りの紅葉はいつも黄色から始まる。

— 記述 m-tezuka at 07:39 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.10
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
T:775 Y:1741 Total:270461 Online:04
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ