m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 動物 ]

スッポン

「暑過ぎて 現れ出でた 池の主」
スッポン
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も暑い。アスファルトも焼けていて風も涼しさを運んでこない。
 水生植物園でさえも蒸し暑く誰も居ない。池の中洲でいつもは亀が甲羅干しをしているのであるが、今日はいつもの亀とは違う。これはスッポンだ!スッポンが居るとは聞いていたのだがこんなにはっきりと見るのは初めてだ。池の中まで暑くて外へ出てきたのであろう。


— 記述 エム at 08:12 pm   pingトラックバック [0]

暑い日

「シジュウカラ 暑い暑いと 水浴びる」
シジュウカラ
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はポカポカと暖かい。4月の陽気だそうである。
 深大寺に行ってみると、こんな陽気に誘われた人々で賑わっており、上着を手に持って歩いている。日向を歩いていると汗ばんで、木陰に入ると思わずホッとする。
 水生植物園に行ってキセキレイの居る池を覗いてみると、浅瀬でバタバタと羽ばたいている鳥が居た。頭が黒く頬が白いシジュウカラである。小鳥も水浴びするような暑さなのだ。


— 記述 エム at 08:14 pm   pingトラックバック [0]

キセキレイ

「待ち続け やっと撮ったよ キセキレイ」
キセキレイ
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から快晴だ。朝は寒かったが日が昇るにつれ暖かくなって、絶好のお散歩日和になった。
 こんなに良い天気の日にはキセキレイが撮れるような予感がして、水生植物園へ行った。入り口を入り事務所の所を左に曲がって直ぐの小さな池を覗くがキセキレイは見えない。今日もだめかなと思いながら、暖かいので、のんびり待ってみようかなとカメラを構えながら眺めていると、奥の方の木の枝が揺れて小鳥が居るのがわかった。
 スズメかなキセキレイなら良いな、と期待しつつ待つこと暫し。木の間からひょいと黄色い小鳥が飛び出した。キセキレイである。夢中で撮っているとまたひょいと木の間へ消えた。


— 記述 エム at 08:13 pm   pingトラックバック [0]

シジュウカラ

「葉が落ちて 隠れ場の無い 小鳥達」
シジュウカラ
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は天気が良いので水生植物園へ行ってみる。隣の深大寺城跡の雑木林は、葉が落ちてしまっているので見通しが良く小鳥たちが良く見えるので、バードウォッチングの人達が良く来ている。望遠鏡とデジカメを組み合わせて小鳥を撮影している人が居た。
 「ピッピッ ピッピッ」「ツツピー ツツピー」などの鳴き声を聞きながら木道を歩いていると、田んぼの中のネコヤナギの枝にシジュウカラが止まって頻りに枝を突付いている。虫を見つけたのだろうか。こちらを時々見ながら作業を続けているが虫を食べたかどうかは分からない。


— 記述 エム at 08:10 pm   pingトラックバック [0]

シラサギ

「餌来いと 首を伸ばして 待っている」
シラサギ
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は風も無く穏やかに晴れている。
 こんな日は散歩には打って付けの日和だ。深大寺周辺は、今日は若者が多いようだ。成人の日だからなのだろうか。しかし着物姿の人達は見当たらない。
 水生植物園に行ってみると今日もシラサギが来ていた。レンズが短いのでそっと近づく。かなり近づいても餌探しに集中していて逃げない。今日こそは餌を取った瞬間を撮ろうとカメラを構えてじっと待つ。シラサギも曲がった首を真っ直ぐに伸ばして水面をじっと睨んでいる。しかし一向に餌は来ない。


— 記述 エム at 07:59 pm   pingトラックバック [0]

prev
2021.5
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
T:573 Y:2404 Total:1134992 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ