m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » 動物 ]

甲羅干し

「良い天気 水は冷たい 甲羅干し」
110130
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も寒い。日向を選んで散歩に出かける。梅の花を撮影しようとあちこち歩くがまだ咲いている木が少ない。
 水生植物園の白梅は既に満開を過ぎているので撮影意欲が湧かない。湿地帯の水面を見ると、小さい島に亀が三匹上陸して甲羅干しをしている。水が冷たいようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 07:53 pm   pingトラックバック [0]

メジロ

「メジロさん 食べられるのか マユミの実」
100107
↑クリックすると拡大表示されます

 先日、グリーンギャラリーでマユミの実を見つけて「深大寺界隈の植物図鑑」に掲載するための写真を撮影したが、実の拡大写真に良いものがなかったので、今日、再撮影に行った。
 マユミの木の下で撮影を始めると、メジロが枝に止まって実を突いているのが目に留まった。マユミの実を食べているようだ。実はそっちのけで、メジロの撮影に没頭する。

— 記述 m-tezuka at 07:49 pm   pingトラックバック [0]

メジロ

「雨上がり 仲良く上を 見上げてる」
090223
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から雨で外に出られない。所在無いままに窓の外を眺めていると、隣の庭の梅の木に小鳥が来て花を突いている。嘴の下が黄緑色だ。メジロである。
 カメラに望遠レンズを取り付けて狙う。チョコチョコと動き回って落ち着きが無い。とにかくシャッターを押して撮影する。たまたま2羽同時に上を向いた写真が撮れた。いつのまにか雨は止んでいた。

— 記述 m-tezuka at 07:51 pm   pingトラックバック [0]

シラサギ

「シラサギも 餌が取れない 冬の池」
090112
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は成人の日、深大寺も賑やかである。しかし晴れ着を着た若者が見えないということは、成人式で賑やかな訳でなく天気の良い祝日ということで人が集まっているらしい。
 そんな賑やかさに比べて水生植物園はいつもどおり静かである。池の中には一羽のシラサギが立っており、時々足を震わせて魚を探しているが、水中に嘴を入れる動作は見られない。

— 記述 m-tezuka at 07:52 pm   pingトラックバック [0]

オタマジャクシ

「池の底 オタマジャクシが 昼寝する」
081225
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暖かい。カメラを持って散歩に出る。
 水生植物園はすっかり冬景色である。蒲の穂もかなり綿毛が飛び去ったが、まだ茎に白い綿毛がチラホラ残っている。そこを通り過ぎて池に来ると、浅い底は太陽が当たって暖かいのだろう、オタマジャクシがのんびりと昼寝をしている。と、一匹が昼寝に飽きたのか水面に泳いできてパクリと空気を吸った。

— 記述 m-tezuka at 07:08 pm   pingトラックバック [0]

prev
2021.5
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
T:577 Y:2404 Total:1134996 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ