関連ブログ:| m-tezukaのデジカメ日記| m-tezukaの写真館| m-tezukaの旅日記| 富士山撮影記|

[ カテゴリー » スポーツ ]

WBC韓国チームは立派だった

今日のWBC決勝戦、韓国チームの采配は立派だった。
 
 延長10回表2アウトランナー2・3塁という場面でバッターのイチローと勝負に出た。
 
 日本では野球は確率のスポーツという考えから、このケースではバッターが誰であれ塁を全て埋めてホースプレイでアウトを取れる状況にするのが常識である。
 
 しかし韓国にとっては「イチローとの勝負を逃げる」ということはプライドが許さないのであろう。そんなことをして勝っても「逃げた」という屈辱感がいつまでもつきまとう。
 
 この場面を見て古い話を思い出してしまった。松井秀樹が高校時代にランナーがいないのに全打席敬遠されたという話である。日本では教育の一環として行う高校野球でさえ「勝つためなら何でもやる」というプライドの無い監督がいる。
 
 それに比べて今回は勝負に勝たなければ意味が無いWBCの決勝戦でさえ、プライドを捨てない韓国はすごい。
 
 

 

— 記述 m-tezuka at 09:59 pm   pingトラックバック [0]

星野さん、男らしくないね

「金メダルしかいらない。」と言っていた星野監督、結局メダル無しに終わって「申し訳ないの一言」で終わり。
 
 言い訳するのは男らしくないと思っているのだろうけど、負けた原因をはっきり説明しないと責任を果たしたことにはならない。WBCに監督に推す人が出てきた今となってはなおさらだ。
 
 「情」の監督といわれている星野さんは、ペナントレースのような長期の戦いには向くけれども、オリンピックやWBCのようなトーナメントの戦いには向いていない。
 
 「失敗したものにもう一度チャンスを与えるのが俺のやり方」と自分で言っているように、今回の準決勝で不調だった選手を3位決定戦でも使って同じ失敗を繰り返してしまった。非情になれない人間は本当の勝負師ではない。特に今回のような寄せ集めの集団で短期決戦をする場合は、非情にならないと勝てない。銅メダルよりも個人の汚名を晴らす方を選んだけれどもそれも失敗してしまった。
 
 こんな監督を次のWBCの監督に押す人がいるのだから驚く。 

— 記述 m-tezuka at 08:53 pm   pingトラックバック [0]

聖火リレーへの提案

北京オリンピックの聖火リレーは、中国の人権問題のために、ご難続きである。
 
 問題は2つあって、その一つは直接聖火を奪い取ろうとする行為であり、もう一つはチベット支援者のプラカードを奪い取ろうとする中国人達である。
 
 前者に対しては警備を強化することで各国で実施されているとおりであるが、後者に対しては何も対策が立てられていないように見える。
 
 これに対しては観客の分離が有効である。(サッカーのサポーターが両陣営混在していたら喧嘩が起きますよ。)すなわち沿道の右側はチベット支援者、左側は中国応援団というように分離してしまうものである。
 
 このようにすればランナーに対する警備も右側に集中できて楽になるはずである。長野ではこのようにして整然と聖火リレーを実施しよう。
 
 右側は多くの人が集まり、左側は閑散としている光景が世界中に配信されることになるかもね。:E

 

— 記述 m-tezuka at 08:51 am   pingトラックバック [0]

ルール無き聖火リレー

サンフランシスコでの聖火リレーは、事前に発表されたコースを避けて、聖火を見ようと集まった人々の目に触れることも無く終わってしまったそうである。
 
 混乱を避けるためとの理由らしいが、人をだますようなやり方はスポーツの祭典に相応しくない。車で運んだり、コースを変えたり、途中で打ち切ったりしないと聖火リレーができない状態である。日本はどうするのだろうか、心配である。
 
 中国はオリンピックを政治に利用しようとして、逆に利用されてしまった。

— 記述 m-tezuka at 11:10 am   pingトラックバック [0]

世界が注目する聖火リレー

パリでの聖火リレーの映像を見て、「これが聖火リレーと言えるのか。」とびっくり。
 
 十重二十重に警備陣に囲まれた中に聖火を持ったランナーがいる。カメラは高いところから撮っているのでランナーが見えるが、おそらくは沿道の人達には見えないだろう。民衆から遮断された聖火ランナーがパリのシャンゼリゼ通りを通ったということがテレビで確認されただけである。
 
 こんなに警備を厳重にしないとランナーの安全が保てない危険な聖火リレーをこれからも続けるのだろうか。IOCはこんな状態を放置して良いのか。ランナーが傷ついてから中止するのでは遅すぎる。
 
 パリではバスで聖火を運んだそうだ。これも一案かもしれない。

— 記述 m-tezuka at 09:46 pm   pingトラックバック [0]

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
T:015 Y:150 Total:143303 Online:01
m-tezukaのホームページ