m-tezukaのデジカメ日記

春菊の花

「知らぬ間に 咲いた咲いたよ 春菊が」
230530
↑クリックすると拡大表示される

 今年は、畑に春菊を蒔いたが成長が悪く収穫が無かった。そんなことで忘れていた2、3本の春菊が大きく育って花を咲かせた。菊という名前の通り花はそれなりに美しい。今は夏の野菜が育っていないので、春の花の残りが畑を占領していて畑が花壇になっている。

— 記述 m-tezuka at 09:03 pm   commentコメント [0] 

みどりの日

「みどりの日 植物園に 長い列」
230504
↑クリックすると拡大表示される

 今日はみどりの日なので、神代植物公園は無料で入れる。ということで9時少し過ぎに家を出た。途中の水生植物園は門が締まっている。そうか、9時半開園なんだ。ちょっと早すぎた。と、のんびり歩いて深大寺門に9時25分に着くと既に大行列ができていて最後尾は見えない。入り口のベンチで待つこと30分。9時53分に入れた。
 その待っている間に出てくる人が何人か居た。正門から通り抜けてきただけの人なのかもしれない。

 

— 記述 m-tezuka at 04:16 pm   commentコメント [0] 

ハンショウヅル

「半鐘を 思い浮かべる 名札見て」
230502
↑クリックすると拡大表示される

 久しぶりに、植物多様性センターまで行ってみようと出かけた。今日は天気が良いのでみんな遠くに出かけたのだろうか、ゴールデンウィークのわりには、深大寺は通常の日曜日程度の混雑具合だ。  そんな深大寺を通り抜けて植物多様性センターに来ると、ここも通常の日曜日程度の人出だ。今は目立った花は無い。それでも草むらの中にいくつかの名札が立っている。それをたどっていくと花の咲いているものがある。「ハンショウヅル」と書いてあった。

 

— 記述 m-tezuka at 06:37 pm   commentコメント [0] 

prev
2023.5
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
T:1674 Y:1974 Total:625470 Online:05
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ