m-tezukaのデジカメ日記

芙蓉の実

「風受けて いざ飛び立とう 大空へ」
121224
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は晴れているが、風が強く寒い。それでも最近写真を撮っていないので、カメラを持って出かけた。
 風が冷たいので早足で歩く。水生植物園に着いて、湿地帯の周りを一周するが撮影したくなるようなものが無い。
 深大寺城跡に登って行くと、芝生広場の北側の陽だまりに芙蓉の実が光を受けて光っていた。近寄ってよく見ると、細かい綿毛を付けた小さな実が風を受けて正に飛び立とうとしていた。

 

— 記述 m-tezuka at 07:55 pm   pingトラックバック [0]

イソギク

「イソギクが 雑木林で 咲いている」
121220
↑クリックすると拡大表示されます

 今日はこの冬一番の寒さだとのことで、家の中でジッとしていようと思ったが、風も無く晴れてよい天気だ。外へ出てみると日差しは暖かい。先日植物多様性センターで見つけたイソギクを撮影しようと出かけた。
 空気は冷たいが背中に太陽を受けて歩くとポカポカ暖かい。正に小春日和だ。今日は公園2号地を通り抜けて車のいない臨時駐車場を通って真っ直ぐ植物多様性センターへ向かう。
 センターに入って伊豆諸島ゾーンに行くと大島の海岸らしく作られた溶岩の間に黄色い花が咲いている。イソギクだ。この花だけがやっと根付いたようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 07:59 pm   pingトラックバック [0]

残りもみじ

「公園の 残りもみじの 美しさ」
121216
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暖かくなった。絶好の行楽日和で、選挙の投票率が心配だ。午前中に選挙に行くと珍しく外まで行列が出来ている。都知事と小選挙区、比例区、最高裁判事と4つ重なって一人当たりの時間がかかっているようだ。
 午後から散歩に出る。いつもどおりセーターの上にウインドブレーカーを着て出た。少し歩くと暑くなった。東京は19℃と言っているのを思い出した。
 深大寺周辺は、もみじもすっかり散ってしまった。人出も選挙のためか、普段の日曜日より少な目だ。そんな深大寺を通り抜けて久しぶりに植物多様性センターに向かう。途中の自由広場で思っても見なかった美しい紅葉に出会った。

 

— 記述 m-tezuka at 07:58 pm   pingトラックバック [0]

まだあった

「まだあった 黄色いもみじ あちこちに」
121212
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も良く晴れている。被写体を探して散歩に出る。
 水生植物園から深大寺城跡に登っていく途中の雑木林の中に、もみじが黄色いまま残っていた。日当たりの加減で写真にならない。
 深大寺の周辺は枯れたもみじが多い。延命観音の参道には黄色いもみじがあちこちに散見される。参道を進み身沙堂の裏から崖の上に登っていくと蕎麦屋の前に黄色いもみじが日に照らされて輝いていた。

 

— 記述 m-tezuka at 08:05 pm   pingトラックバック [0]

黄色いもみじ

「まだ黄色 今年の夏は 長かった」
121209
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は良く晴れていたが風が強くて、あまり散歩日和ではなかったが、午後出かけてみた。
 深大寺は普通の日曜日並みでまずまずの人出である。境内では早くも縁起物を売る小屋が出来ており、古いお札を納める納所を作っていた。こんな風景を見ると今年も終わりだと実感するが、まだ年賀状の準備は出来ていない。
 水生植物園に行ってみると多くのもみじはまだ黄色である。今年の夏は暑くて長かったためであろうか。このまま赤くならずに散ってしまうようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 08:46 pm   pingトラックバック [0]

prev
2012.12
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 
T:237 Y:252 Total:604923 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ