m-tezukaのデジカメ日記

ミヤマアカネ

「トンボさん 飛び疲れてか 休息中」
080730
↑クリックすると拡大表示されます

 午後、曇っているので出歩くには丁度良い。ペットボトルに麦茶を入れて出かける。
 水生植物園に行ってみるが、まだハスは咲いておらず撮るものが無い。深大寺には百日紅が咲いていたのでパチリと撮る。グリーンギャラリーでは名も知らぬ小さい雑草の花を撮る。都市森の丘ではアキノタムラソウを撮る。深大寺界隈の植物図鑑に掲載できるように花だけの拡大写真も撮る。
 あまり収穫の無いまま自由広場2でキヌガサギクを撮っていると、トンボが飛んできて草むらに止まった。アカトンボだ。そっと近寄って撮る。ピントが合いにくくなかなか撮れない。最短距離に近寄って撮るが逃げない。トンボも疲れているようだ。

— 記述 m-tezuka at 08:15 pm   pingトラックバック [0]

レンゲショウマ

「緑陰に 風に揺れてる 白い花」
080727
↑クリックすると拡大表示されます

 曇りがちだけれど、日も差して暑い。土曜日なのに深大寺方面へ向かう車は少ない。ガソリン高で車の利用が減って道が空いている。
 昨日は、グリーンギャラリーでレンゲショウマを見つけたが、ローアングルファインダーを持っていなかったのでうまく撮れなかった。今日、再挑戦ということで来てみると先客が三脚を据えてじっくり撮っているので、園内を一周して何やら黄色い小さな花を撮って時間をつぶす。
 戻ってくるとここは木陰で涼しい。一休みしてからカメラにローアングルファインダーを取り付けて手持ちで撮る。そよそよと風が吹いて、白い花がゆらゆらと揺れて涼しげである。

— 記述 m-tezuka at 09:38 pm   pingトラックバック [0]

ヌマトラノオ

「暑い日に 虎の尾が立つ 沼の中」
080725
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も暑い。家の中も暑いので、同じ暑いのであれば外の空気を吸った方がいいかな、と出かけた。
 水生植物園に行くと、木陰に望遠レンズを並べた人達がいる。カワセミだろうか。じっと待つのは苦手なので見向きもせず、湿地帯の方へ行く。
 木道を歩いていくと、あちこちに小さな白い花が見える。よく見ると小さい花が穂状に集まった形が、小さいながらトラノオのようである。沼地に咲いているのでヌマトラノオに違いない。

— 記述 m-tezuka at 08:11 pm   pingトラックバック [0]

スジグロシロチョウ

「蜜を吸い 熱中症の 予防です」
080723
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は本当に暑い。この夏一番の暑さだ。それでも日記を書くために写真撮影に出かけた。
 日陰を選びながら野草園へ到着。こんな暑い日には誰も居ないだろうと思っていたが、写真撮影の好きな人はいるものである。オミナエシを撮影している人が一人居た。
 ここにもヤブミョウガがあったので、日の当たっている小さな花を拡大して写していると汗がたらたらと落ちてきた。木陰に入って水分を補給していると、スジグロシロチョウがアキノタムラソウの花にとまって蜜を吸い始めた。蝶々も熱中症にならないように水分を補給している。

— 記述 m-tezuka at 07:49 pm   pingトラックバック [0]

ヤブミョウガ

「ヤブミョウガ 拡大すると おいしそう」
080720
↑クリックすると拡大表示されます

 梅雨明け後はさすがに暑い。暑い暑いと言っていても涼しくはならない。こんな時は外に出て暑さに耐えてみよう、と出かけた。
 水生植物園にヤブミョウガが咲いていたので、その小さい花を撮ろうとエクステンションチューブを持って行った。ファインダーを覗くと、小さい花びらの中に雌しべと雄しべが見える。小さいながらしっかりした花である。じっと眺めていると飴細工の花のように見えてきて、ぺろりと舐めたくなる。

— 記述 m-tezuka at 08:00 pm   pingトラックバック [0]

prev
2008.7
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
T:573 Y:865 Total:755740 Online:04
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ