m-tezukaのデジカメ日記

ナンジャモンジャ

「ナンジャこれ 記念の写真 撮りましょう」
ナンジャモンジャ
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も朝から快晴。遠出せずに近場の深大寺に出かける。
 行ってみるとさすがに深大寺は観光地である。大勢の人で賑わっている。そして今日は暑い。みんなソフトクリームをぺろぺろとなめながら歩いている。
 境内に入ると真っ白いものが目に入った。ナンジャモンジャである。青空を背景にするとまるで白い雲である。
 「なんだろう?これ。」「ナンジャモンジャと書いてあるよ。」と言いながら、携帯やデジカメで撮っている。


— 記述 エム at 08:02 pm   pingトラックバック [0]

国領の千年藤

「この香り 千年前の 昔から」
千年藤
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は朝から快晴である。今年のゴールデンウイークは幸先がよい。
 こんなに天気のよいゴールデンウイークはどこへ行っても混んでいる。遠出は禁物、ということで国領神社の千年藤を見に行った。
 三鷹通りを歩いて甲州街道との交差点を東に少し行くと、道路の反対側に紫色の藤棚があり人々が上を見上げてボーっとしている。横断歩道橋を渡って藤棚の下に来て、花を見上げると甘い香りに包まれて思わずボーっとしてしまう。

— 記述 エム at 07:20 pm   pingトラックバック [0]

タンポポ

「今日こそは 飛び立てそうだ 強い風」
タンポポ
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに快晴である。しかし風が少し強い。花を撮影するには少し忍耐が必要な日である。
 深大寺城跡に登っていくと、入り口の菜の花の背が伸びて風にユラユラ揺れている。反対側の芝生の中には、タンポポの綿毛の白い玉が先日までたくさん有ったのが、この風で飛ばされて坊主になったものが多い。
 残った綿毛もあと一吹きで飛びそうだ。


— 記述 エム at 07:04 pm   pingトラックバック [0]

サクラソウ

「桜咲き 終われば次は 桜草」
桜草
↑クリックすると拡大表示されます

 このところ天気が悪く写真撮影に出かけていない。今日もあまり良くないが、運動も兼ねて水生植物園のサクラソウだけでも撮ってこようと出かけた。
 民家の庭には藤の花房が垂れ下がり、モッコウバラの黄色い花が垣根を覆っている。水生植物園はしばらく見ないうちにずいぶん緑が濃くなっていた。
 菖蒲田の周りでは草刈機がブンブン音を立てており、田んぼの中では雑草を一本一本手で抜いている。菖蒲も雑草には勝てないので手入れを怠ると花が咲かないのである。
 一番奥の湿地帯にサクラソウが咲いている。ここも雑草が多く負けそうであるが季節になると雑草を刈り取ってもらって少しずつ増えてきた。


— 記述 エム at 04:33 pm   pingトラックバック [0]

一輪草

「まとまれば 一輪草も 賑やかに」
一輪草
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに晴れて暖かくなった。今日は外にカメラを持って出かけられる。
 早速、野草園へ行った。途中の家の庭で藤の花を見る。今年は藤に花も少し早いようだ。国領の千年藤はゴールデンウイーク前に見に行かないといけないな、と思いながら野草園へ着いた。
 園内には二輪草が一面に咲いている。中には三輪の花を付けたものもあり賑やかである。さらに奥に進むと、少し大きめの同じような花が咲いている。こちらは一本の草に一輪しか咲いていない。一輪草である。名前は一輪で寂しそうな名前であるが、これだけ多くまとまって咲くと賑やかである。


— 記述 エム at 08:13 pm   pingトラックバック [0]

prev
2007.4
next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 
T:200 Y:252 Total:604886 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ