m-tezukaのデジカメ日記

[ Tags :: 野草園 ]

ホトトギス

「ホトトギス 咲いてうれしい 野草園」
231017
↑クリックすると拡大表示される

 快晴の天気に誘われて野草園へ行った。今年は夏が暑くて長かったせいか、花が少ない。夏の花はもちろん無いし、秋の花も終わってしまったようだ。
 何も撮るものが無い、とがっかりしながら出口に向かうと、木陰にホトトギスが咲いているのを見つけた。あっ!花があった。と喜んで撮影した。

 

— 記述 m-tezuka at 06:40 pm   commentコメント [0] 

ハナムグリ

「ハナムグリ 潜れぬ花は フジバカマ」
231003
↑クリックすると拡大表示される

 10月になったら急に涼しくなって秋を感じる。そこで野草園へ行ってみた。野草園の手前の田んぼでは稲刈りが始まっていて秋らしい風景になっている。
 野草園の中は夏が終わって秋の花になっているが花少ない感じだ。ホトトギスが咲いているが痩せ気味だ。萩は終わっているのか花がちらほらある程度だ。フジバカマの花にハナムグリが潜り込もうとしている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:33 pm   commentコメント [0] 

ワルナスビ

「手折らんと 出した手チクリ ワルナスビ」
230621
↑クリックすると拡大表示される

 今日は梅雨の連休最終日。明日からまた梅雨空だということでカメラを持って散歩に出かけた。久しぶりに野草園へ行ってみた。
 梅雨時は銀梅草があったはずだと探すと、あるにはあったけれど何か貧弱で撮る気にならず他の物を探すとワルナスビを見つけた。ジャガイモの花に似ているなと手を出すとチクリと棘に刺される悪い奴だ。気を付けねば。

 

— 記述 m-tezuka at 06:44 pm  

カマツカ

「カマツカだ 変な名前だ 花は咲く」
230414
↑クリックすると拡大表示される

 久しぶりに野草園に行った。桜は終わって山吹の季節になっていた。黄色い花の多い中に、白い小さな花をつけた灌木があった。「カマツカ」と書いてある。材に弾力があり丈夫なので、鎌の柄や牛の鼻輪にする木だそうだ。

 

— 記述 m-tezuka at 05:13 pm  

黒い蝶

「青空や アザミの花に 黒い蝶」
221020
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに朝から快晴だ。野草園へ行ってみた。入り口をはいて奥へ進むとアザミが咲いていて黒い蝶が蜜を吸っている。アオスジアゲハやモンシロチョウもいる。スズメガも来たと思ったら飛び去った。クマバチモも来た。賑やかだ。周りを見ると、濃い緑色で花は何もない。それでこの花に虫が集まっているのだ。
 ところでこの蝶は何だろうと調べた結果「ナガサキアゲハ」らしい。尾状突起が無いことと翅の付け根に赤い斑紋があるという特徴から推測した。
参照:https://www.j-nature.jp/butterfly/zukan/yokunita/blackageha/Link

 

— 記述 m-tezuka at 06:35 pm  

prev
2024.7
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ