m-tezukaのデジカメ日記

ヘメロカリス

「梅雨明けの ヘメロカリスの 色赤し」
180630
↑クリックすると拡大表示されます

 昨日梅雨が明けたそうだ。6月に梅雨が明けるのは、観測史上はじめてだという。今日は昨日に増して空が青く、暑いが、久しぶりに撮影に出かけた。
 水生植物園に行ってみると、ハンゲショウが咲いていた。今年はとにかく季節が早い。今日はこれかなと思いながら奥の方へ行くと、ヘメロカリスが咲いていた。太陽に照らされて赤々と燃えているようだ。

 

— 記述 m-tezuka at 06:40 pm   commentコメント [0] 

ウキツリボク

「梅雨空や ウキツリボクの 咲く垣根」
180624
↑クリックすると拡大表示されます

 梅雨に入ってから、天候不順で写真撮影に出かけていない。しばらくこの日記も書いていない。仕方なく家の周りで被写体を探す。結局ウキツリボクに行きついた。
 [季語の無い俳句」を標榜しているが、ウキツリボクはいつの季語なんだろうとネットで調べてみたが季語にはなっていないようだ。確かにウキツリボクは年中咲いているし、外来植物だから季語にはなっていないのだろう。

 

— 記述 m-tezuka at 06:52 pm   commentコメント [0] 

アジサイ

「雨に濡れ 生き返ったよ アジサイが」
180606
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに雨が降った。これまで太陽に照らされて乾燥気味で色あせていたアジサイの花が、雨に濡れてみずみずしくなり生き返ったようだ。
 今日から梅雨入りらしい。これから雨が続いてアジサイもうれしそうだ。

 

— 記述 m-tezuka at 06:36 pm   commentコメント [0] 

紫陽花

「青空と 比べてみたよ 紫陽花を」
180604
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も良く晴れて青空が広がっている。庭に出てみると日差しが強い。紫陽花は雨が欲しそうだ。「雨の日でも私を見たら心が青空になれるだろう。」といわんばかりに青い。
 今週の半ばには梅雨入りするかもしれない。

 

— 記述 m-tezuka at 04:57 pm   commentコメント [0] 

ハナショウブ

「晴れた日に 雨を待ってる ハナショウブ」
180601
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに晴れた。水生植物園に行ってみると、ハナショウブが見頃を迎えていた。この時期はハナショウブを見に来る人で賑やかだ。
 見物客は日傘をさして日差しを遮るが、ハナショウブは日傘がないので強い日差しを浴びて少しぐったりしている。梅雨が待ち遠しいハナショウブである。

 

— 記述 m-tezuka at 05:19 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.6
next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
T:540 Y:1173 Total:234852 Online:02
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ