m-tezukaのデジカメ日記

[ カテゴリー » ]

ヒマワリ

「雨続き 季節外れの ヒマワリよ」
170901
↑クリックすると拡大表示されます

 8月は雨ばかり降っていた。クルマ屋でもらったヒマワリの種を蒔いて育ていたが、雨ばかり続いてなかなか花が咲かなかったが、最近太陽が時々出るようになって、やっと咲いた。
 花はちょっと小さめだが、途中から枝が出て蕾が沢山ついている。花の少ないこの季節に、庭を彩ってくれる貴重な花だ。

 

— 記述 m-tezuka at 06:49 pm  

オクラ

「花の無い 我が家の庭に 咲くオクラ」
170829
↑クリックすると拡大表示されます

 今年の夏は雨ばかり降っていたので、雨に打たれたペチュニアは見る影もない。マリーゴールドもあまり勢いがない。ユリは早々と終わってしまった。
 そんな花の無い庭で頑張っているのがオクラである。毎日いくつか咲いて花の無い庭を彩っている。この花をよく見ると、中心が5角形でオクラの実の形をしている。花が終わるとすぐに実になれるよう準備をしている。

 

— 記述 m-tezuka at 06:33 pm  

オミナエシ

「オミナエシ 蝶を飲み込む 黄色かな」
170823
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに猛暑日になるという予報の割りにはそれほどでもないので、写真を撮りに出かけた。先ずは、野草園へ行ってみた。日陰を歩いていると風が吹いて気持ちが良い。
 柵の外から中に咲く女郎花の黄色が目を引く。草花は「もう秋が来たよ」と告げている。中に入って真っすぐに女郎花のところに行って写真を撮る。イチモンジセセリが飛んできて花に止まった。黄色に染まりそうだ。

 

— 記述 m-tezuka at 06:41 pm  

キツネノカミソリ

「野草園 キツネ色した 葉なし花」
170813
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も午後になったら太陽が出てきたので、久しぶりにカメラを持って出かけた。先ずは、野草園に行ってみた。
 野草園の作の外側に、キツネ色した花が咲いている。キツネノカミソリだ。この花は彼岸花と一緒で、葉が無いのに地中から茎が出て花が咲く。だから葉が茂っているのを見ても誰もこれがキツネノカミソリだと気付かない。実は、この葉っぱがカミソリのような形状をしていることと花の色がキツネ色であることが名前の由来である。そんなに大事な花と葉なのに、一緒に見ることができないのは残念であるし、この花がなぜキツネノカミソリなのかも想像できない。

 

— 記述 m-tezuka at 06:32 pm  

マリーゴールド

「太陽だ マリーゴールド 輝いた」
170812
↑クリックすると拡大表示されます

 8月になってから太陽はほとんど出ていない。雨ばかり降って、家庭菜園の野菜も葉ばかり茂って実付きが悪い。その代わり、猛暑日もなくわりと過ごしやすい。
 天気予報では今日もあまり天気が良くなかったが、午後になって太陽が出た。久しぶりの太陽に、庭のマリーゴールドがうれしそうに、黄色に輝いている。

 

— 記述 m-tezuka at 10:01 pm  

prev
2018.9
next
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 
T:342 Y:1094 Total:227922 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ