m-tezukaのデジカメ日記

三保の松原

「秋の富士 波を待つ間の 長さかな」
181030
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は自治会の旅行で三保の松原へ。雲一つなく晴れて、絶好の行楽日和だ。歩いて3分程度のところにバスが来るので、大変楽である。
 バスの駐車場は、羽衣の松から一番遠い御穂神社の近くであった。そこから15分ほど歩いて海岸に出ると富士山が砂浜の上に見えた。
 富士と海が見えるところまで少しあったが、集合時間を気にしながら砂の上を歩いて、なんとか波を入れて富士山を撮った。

 

— 記述 m-tezuka at 08:48 pm   commentコメント [0] 

赤とんぼ

「赤とんぼ 青空飛んで 一休み」
181028
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は良く晴れて青空が広がった。外で子供たちの声がする。出てみると、孫たちが自転車の練習をしている。カメラを持ち出して撮っていると、青空の中をスイスイと赤とんぼが飛んで行った。それが飛び疲れて庭の千日紅に止まった。追いかけて撮って、戻ってみると、子供たちも疲れて家へ帰ったのだろう、いなくなっていた。

 

— 記述 m-tezuka at 04:41 pm   commentコメント [0] 

ホトトギス

「野草園 並んで咲いてる ホトトギス」
181025
↑クリックすると拡大表示されます

 久しぶりに良い天気だ。カメラを持って野草園へ行ってみた。野草園に近づくと中にシュウメイギクが咲いているのが見え、今日はこの花にしようかなと考えながら中に入った。
 野草園には行ってみると、ホトトギスも丁度見頃で沢山咲いている。シュウメイギクもたくさん咲いていて、どちらにしようか迷ってしまう。また、沢山咲いている花はどの花にピントを合わせればよいのか迷ってしまう。とにかく撮って家へ帰って選んだのがホトトギスである。

 

— 記述 m-tezuka at 09:39 pm   commentコメント [0] 

アキアカネ

「アキアカネ 飛び立ち戻る 同じ杭」
181020
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は久しぶりに晴れて良い天気だ。水生植物園に行ってみる。ツリフネソウは終わりかけており、かわりにミゾソバが咲き始めていた。田んぼには役目の終えた案山子たちがまだ並んでいた。
 そんな風景を眺めていると、田んぼの周りの杭に赤とんぼが止まっている。近づくとパッと飛び立つがすぐに戻って元の位置に止まる。そんな動作を繰り返しながらかなり近づいて赤とんぼを撮った。

 

— 記述 m-tezuka at 06:51 pm   commentコメント [0] 

コスモス

「青空と コスモスを撮る カメラマン」
181018
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は伊東へ一泊旅行。途中に秋の花を求めて寄り道しながらドライブ。最初の寄り道は、綾瀬市の早川城山公園のバラを見る。期待に反してバラ園は大きくなく花もそれほどでなかった。
 次に茅ヶ崎市の里山公園に、コスモスの花が咲いているとの情報があり、行った。パークセンターに寄って場所を確かめると、一番遠いところだった。のんびり歩いて行くと、コスモス畑に出た。花だけ撮っても面白くないので、青空を入れて撮ってみた。

 

— 記述 m-tezuka at 10:29 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.10
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
T:643 Y:1265 Total:356113 Online:04
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ