m-tezukaのデジカメ日記

しだれ桜

「青空と しだれ桜と 寺の屋根」
180331
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も朝から晴れて良い天気だ。こんな天気が続けば桜もすぐに散ってしまう。散る前に見ておこうと深大寺へ出かけた。
 深大寺通りの桜は散りかけて花びらが道路に舞っていた。境内へ入ってみるとしだれ桜が満開になっており、このさくらはまだしっかりと枝についておりまだ散る気配はない。しかし花まつりの頃まではもちそうにない。
 寺を出て野川に行ってみると、ここでは花びらが川を埋めていた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:48 pm   commentコメント [0] 

野川の桜

「桜咲き 子らは水辺で 鬼ごっこ」
180328
↑クリックすると拡大表示されます

 今日も暖かい。これでは桜も早く散りそうだ。野川へ行ってみると正に満開、週末には散り始めそうだ。満開状態は今日が見納めか、とシャッターを押すと、電池が少ないよと警告が出た。これは大変と、シーンを厳選して撮る。そしてこまめに電源を切る。
 今春休みなので家族で花見に来ている人が多く、子供たちが走り回っている。水が温んで野川を渡るのが楽しそうだ。

 

— 記述 m-tezuka at 09:45 pm   commentコメント [0] 

ハナニラ

「日差し受け 土手にハナニラ 光ってる」
180325
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は暖かくなった。さすがに桜も花開いているだろうと、野川に行ってびっくり。ほとんど満開である。一昨日はまだチラホラ咲いている状態だったはずだ。
 今日は日曜日なので花見客でいっぱいである。深大寺に行ってみると、こちらの深大寺通りも桜が満開に近く車も渋滞している。そんな賑わいを避けて水生植物園に入ってみると、菖蒲田の土手にハナニラが沢山咲いていた。

 

— 記述 m-tezuka at 06:52 pm   commentコメント [0] 

雪の彼岸

「さくら草 雪に埋もれた 彼岸の日」
180321
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は春分の日である。しかし朝から寒く昼前に雪が降りだした。「暑さ寒さも彼岸まで」というように、彼岸までは寒さが続くものだ。
 午後になると庭にも雪が積もりだして、春の花が雪を冠ってしまった。花も寒さに震えている。

 

— 記述 m-tezuka at 09:36 pm   commentコメント [0] 

シュンラン

「足元に シュンランが咲き 薄日差す」
180318
↑クリックすると拡大表示されます

 今日は春らしく少し霞んだ空だ。風もなく暖かいので春を探しに少し足をのばして植物多様性センターまで行ってみた。
 梅畑の向こうに福寿草が咲いている。しかし葉が伸びた枝の先に黄色い花をつけているので、菊のようで福寿草らしからぬ姿である。だれもカメラを向けていない。しかし福寿草としては、葉も茂り花もたくさん咲いて今が最盛期であろう。私も全くカメラを向けずに通り過ぎる。
 池のほとりでシュンランを見つけた。これは今が旬である。

 

— 記述 m-tezuka at 06:54 pm   commentコメント [0] 

prev
2018.3
next
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 
T:226 Y:850 Total:198217 Online:01
季語の無い俳句と写真で綴る日々の日記です。
季語の無い俳句について
m-tezukaのホームページ